Webマーケティングニュース

短時間でWEB解析「Webサイト改善支援サービス」

株式会社インテリジェンス ビジネスソリューションズは2016年8月31日、「Webサイト改善支援サービス」の提供を開始しました。最短1週間で希望の解析レポートの提供ができる他に、特定データのみの解析や一時的な利用も可とする等、自由度が高いサービスです。

必要なデータだけを受け取ることができる

「Webサイト改善支援サービス」は同社が2013年から提供しているWebアナリティクスサービスのノウハウを活用し、時間・費用・手間といったコストを低く抑えながらのWEB解析が可能です。解析サービスは全6種。定期モニタリング・レポート自動化・定量分析・ヒートマップ分析・ユーザーテスト、ABテストの中から希望のデータだけを選択できます。必要なデータだけを受け取ることができるということが、コストを抑えられる要因の1つになっています。

anarytics

社内での解析が難しくとも短期で解析が可能に

通常は申込から実施まで1カ月程度かかっていたとのことですが、これを最短1週間程度にまで短縮。早くデータが欲しいという要望に対応できるようになりました。
できる限り自社に解析の担当者を置きたいものですが、社員に1から勉強させるのも時間がかかりますし、その担当者が異動になると、また次の担当者が覚え直しとなってしまい、非常にコストがかかってしまいます。そこでこの「Webサイト改善支援サービス」のようなサービスを利用することで、アクセス解析の担当者を専任で配置することができない企業でも、早くWEBサイト改善のPDCAサイクルを回せるようになります。

参照元:Webサイト改善支援サービス
執 筆:マーケティングワールド編集部

SNS運用代行なら新大陸

関連記事

  1. 「トリップアドバイザー」と「ぐるなび」の巨大連携サイトが運用スタ…
  2. 電通がインティメート・マージャーと提携し「Dentsu.io」の…
  3. 若年層に効果的なマーケティング戦略とは?
  4. ニッチなソーシャルネットワークが必要なわけ
  5. アクティブコア、自動でセグメント分けする新機能を発表
  6. Instagram Stories、フルスクリーン広告導入へ
  7. ぴあがプライベートDMP「PIA DMP」を提供開始へ
  8. 欧米の消費者はどのチャネルで製品を研究しているか

ピックアップ

ニールセン、大手Eコマースサイトの利用状況を発表

マーケティング調査会社のニールセンが大手オンラインショッピングサイトとオークション/フリマサービスの…

おすすめの記事



PAGE TOP
結果が出るSNS運用代行