Webマーケティングニュース

TwitterとFacebook、メッセージ機能の新サービス導入

人とビジネスをつなげるプラットフォームであろうと何年間も競ってきた、TwitterとFacebook。そして今、この両者が注力しているのはメッセージ機能。本日はFacebook、Twitterの進化したメッセージ機能についてお伝えします。

Facebookは「Bots for Messenger」を発表

Facebookが発表した「Bots for Messenger」は、直接やり取りをするわけではなく企業のチャットボットが顧客の質問に回答します。例えば、旅行代理店のBots for Messengerにホテルの予約を依頼すると、条件に合ったホテルを提案してくれます。また、FacebookはBot Storeの導入を発表していて、App storeのように第三者がボットを開発して、Messengerで利用できるようになるとのことです。

TwitterはDMをサイトに埋め込める機能を導入

FacebookがBots for Messengerを発表した4カ月後、Twitterはダイレクトメッセージ(DM)をWebサイトなどに埋め込めるサービスを開始しました。 Bots for Messenger とは違い、企業と顧客が自身の所有するTwitterアカウントを通して直接やり取りができます。自社のオウンドメディアにDMを表示させることで、顧客との接点強化が期待できます。

まとめ

TwitterとFacebookが人とビジネスをつなげることに焦点を置いて事業展開を進めるなら、今後さらにマーケティングに役立つサービスが誕生するでしょう。Instagramのように爆発的な伸びはありませんが、どちらもSNSとして成熟したメディアで、ユーザー数も安定しています。ソーシャルメディアマーケティングに力を入れていくなら、両者のメッセージ機能に注目しておきたいところです。

参照元1:Twitter
参照元2:Facebook newsroom
執筆者:yuma

SNS運用代行なら新大陸

関連記事

  1. 動画視聴と申込みフォームが一体化された動画リワード広告の配信開始…
  2. ゲーム専用配信サイトTwitch、次の新マーケティングチャンネル…
  3. 「ロリポップ!」レスポンシブサイト作成できるサービス開始
  4. 米国中小企業の26%がSNSを扱う予算と人材を欠いている
  5. キャンセル枠を販売できる「Cansell」プレビュー版リリース予…
  6. コンテンツをシェアしてもらいやすくなる3つのテクニック
  7. BtoB企業が動画マーケティングを始めるべき理由
  8. VR対応アプリでファンに特別感を。サッカーチームのマーケテクとは…

ピックアップ

ARとVRは今後ますます日常生活の一部に

ARは拡張現実、VRは仮想現実の略です。今ではARもVRも決して珍しい言葉ではなくなりました。ARは…

おすすめの記事

PAGE TOP
結果が出るSNS運用代行