Webマーケティングニュース

オウンドメディア運用に使える「BiND for WebLiFE* 9」が9月リリース

ホームページ制作ソフト「BiND for WebLiFE* 8」や、動画作成ソフト「PhotoCinema+」の運営会社デジタルステージは、「BiND for WebLiFE* 9」を2016年9月28日に発売すると発表しました。同社の「BiND for WebLiFE* 8」をさらに進化させたホームページ制作ソフトで、「ブログ運営」の効率化を実現します。オウンドメディアを運用する上で、チェックしておきたい新ソフトです。

初心者でもこだわりのホームページを

BiNDはPCにソフトをインストールして使用するホームページ作成ソフトです。HTMLやCSSといった専門的なWeb制作技術を持っていなくとも、洗練されたホームページを作ることができます。テンプレートが200種類以上と豊富なこと、自動的にスマホ対応するレスポンシブデザインであることも魅力的なソフトです。また、画像編集ツール「SiGN Pro」も同時に使えるため、トップページのグラフィックやボタン等の画像パーツまで簡単に作成が可能です。
2016年9月に、このBiNDに、ブログ更新機能を搭載した「BiND for WebLiFE* 9」がスタートします。

bind

新ソフトは「どこからでも」「ブログ更新機能」を使用可能

この「BiND for WebLiFE* 9」の目玉はブログ作成機能。1つのブログ記事を更新するごとに、1ページを自動で生成。ブログ記事共通のデザインで更新していくことができます。コンテンツをどんどん更新していくことが必要な、オウンドメディアの運用にぴったりの機能です。カスタマイズ機能もパワーアップし、これまで以上に自由度の高いホームページ制作が可能になります。
また、この「BiND for WebLiFE* 9」は、PCからだけではなく、スマホやタブレットからも編集や更新が可能です。BiNDをインストールしたPCでの操作に限られたこれまでとは違い、さらにアクティブな更新ができます。ブログを空き時間に、次々更新してコンテンツを蓄積していくことができる「BiND for WebLiFE* 9」。Web担当者の方は要チェックです。

参照元:BiND for WebLiFE* 9
執 筆:マーケティングワールド編集部

SNS運用代行なら新大陸

関連記事

  1. 製品紹介に最適なインフルエンサーの見分け方。ジャンル外の人材も視…
  2. Facebook広告で商品をよりアピールできる「カスタムバッジ機…
  3. 日本トイザらスに見るSNSの使い分け
  4. Googleがペンギン4.0をローンチ。マーケターに与える影響は…
  5. 米国インフルエンサーマーケティングの今
  6. アクティブコア、自動でセグメント分けする新機能を発表
  7. O2O(オンライン・ツー・オフライン)を有効活用した事例
  8. DeNAとヤマト運輸が、自動運転を活用した次世代物流サービス「ロ…

ピックアップ

強力なソーシャルメディア戦略に必要な4つの要素

現在のオンライン広告競争激化の中でも、ソーシャル広告に費用を費やすことは素晴らしいアイデアだと言えま…

おすすめの記事



PAGE TOP
結果が出るSNS運用代行