マーケティング全般

SEO対策!ペナルティを受けるリンクを知って被リンクを充実(前編)

他サイトから自サイトへ貼られたリンク(被リンク)は、Webサイトやブログといったオウンドメディアをサーチエンジンの検索上位に表示させるために重要な役割を果たします。

しかし最近の調査によると、Googleが不自然なリンクにペナルティを与え始めたことで、ペナルティを恐れたマーケティング担当者の62%が被リンクを増やす対策を行っていないということです。

検索結果の上位に表示されることは、訪問者を増やしてブランディングを促進するためにも大切です。
Googleからペナルティを受ける不自然なリンクを前編と後編に分けて紹介するので、ペナルティを受けない被リンク対策に役立ててください。

スパムサイトにあるリンク

現在のGoogleからの評価は、数より質になっています。評価の高いサイトに自社メディアのリンクが貼ってあると、自社メディアが質の高いサイトだと評価されます。所有コンテンツだけではなく、リンク先のコンテンツもSEOに影響が出てきます。

同様に、スパムサイトや評価の低いサイトに自社メディアのリンクが頻繁に埋め込まれると、同じようにスパムサイトと見なされるので気をつけましょう。

キーワードが詰め込まれたアンカーリンク

アンカーリンクとは、リンクが埋め込まれているテキストのことです。このテキストが文脈的に意味をなさず、文字が詰め込まれている場合はGoogleに不適切なリンクと見なされます。

例えば、海外のポケモンGO人気を紹介するリンクで「ポケモンGO海外AR人気PokemonGo」と文字だけ羅列したリンクは、ペナルティ対象になる可能性があります。

まとめ

後編でもGoogleからペナルティを受けるリンクを紹介するので、SEO対策の参考にしてください。

参照元:Forbes
執筆者:yuma

SNS運用代行なら新大陸

関連記事

  1. オンラインでの購入はモバイルファースト
  2. 「メンバーズ」が、インバウンド向けサービスを評価するサービス「オ…
  3. ARとVRの導入が企業のビジネスオペレーションをリード
  4. 地域密着型ビジネスのソーシャルメディアマーケティング
  5. 神奈川県横須賀市が、地域活性化のためにポケモンGOを積極活用しは…
  6. 年末にリリースされたFacebookアルゴリズムのアップデート
  7. LINE@を活用したビジネス活用事例
  8. 画像と文字で訴求力の高い動画を。顔出しせずに動画を作るテクニック…

ピックアップ

ニールセン、大手Eコマースサイトの利用状況を発表

マーケティング調査会社のニールセンが大手オンラインショッピングサイトとオークション/フリマサービスの…

おすすめの記事



PAGE TOP
結果が出るSNS運用代行