Webマーケティングニュース

ローカルSEOのMEO順位をチェックするなら「MEO tracker」

ローカルSEO

ローカルSEO(MEO)をご存知でしょうか。Google MAP向けの地図エンジンの最適化のことです。例えば地域名とキーワードでGoogle検索をすると検索結果の上段にGoogle MAPの枠が表示されます。キーワードに飲食店関連のワードを入れれば地域の飲食店の情報が表示されます。MEOを行う際はGoogleマイビジネスへの登録を行います。日々のMEOで上位表示できているかどうかで集客できるかどうかが左右されます。MEOの順位を細かく確認するならMEO trackerが活用できそうです。

ローカルSEO(MEO)で集客する企業も珍しくない

ローカルSEOで集客をする企業が増えています。スマートフォンを多くの人が手にするうようになった今、スマートフォンの画面に自社のサービスや広告を表示できれば多くの人にリーチすることが可能です。紙媒体の広告にも紙ならではの良さもあります。しかし今やスマートフォンからの検索で飲食店などを探す人も珍しくありません。

MEO trackerでできること

MEO trackerではGoogleマップ上のビジネス順位を取得、順位を取得する地域を指定、順位を取得する時間帯を指定、PC・SPのデバイス別の順位計測、クライアントログイン機能などが可能です。MEO対策をする際のデータを細かくとることができます。

MEO trackerをリリースしたのは株式会社プレートという会社です。ローカルSEOの対策をするならサービスの利用を検討してみても良いでしょう。

ローカルSEO(MEO)でマーケティングをしてみましょう

ローカルSEO(MEO)によるマーケティングは地域でビジネスをしている飲食店や小売業者に効果があります。ローカルSEOをうまく活用することで地域で展開しているビジネスを多くの人に知ってもらえます。まずはGoogleマイビジネスを活用してみるところからはじめてみましょう。

まとめ

ローカルSEO(MEO)でGoogleMapに自社のサービスを表示させることができます。またMEOtrackerで細かく順位を計測することでより効果的なローカルSEO(MEO)対策ができるのではないでしょうか。

参照元 PR TIMES

執筆者 タモリ マサヒコ

SNS運用代行なら新大陸

関連記事

  1. TwitterとFacebook、メッセージ機能の新サービス導入…
  2. 動画広告配信ソリューション「ターゲットスクリーンCM」が提供開始…
  3. あなたがSNSで犯しているかもしれない間違い
  4. 過去10年でコンテンツマーケティングはどう変わったか
  5. 企業の代弁者としてインフルエンサーをイベントに起用!CESの事例…
  6. 台湾からでも日本の「ヤフオク!」が中国語で利用可能に
  7. 米誌Forbesが予想する2018年デジタルマーケティングのトレ…
  8. オウンドメディア活用で大成功したBtoB中小企業「三郷金属工業」…

ピックアップ

老後に2000万円の貯蓄が必要?LINEで受け取れる年金額を試算できるように

老後に2000万円の貯蓄が年金とは別に必要になるというニュースがSNSや世論を騒がせました。ところで…

おすすめの記事

PAGE TOP
結果が出るSNS運用代行