WEBマーケティング

Instagramがブランドコンテンツ広告の提供開始

nstagramがブランドコンテンツ広告の提供を開始しました。Instagramの利用者はインフルエンサーのアカウントから配信された広告には「広告、英語ならSponsored」と表示されるため一目でわかるようになっています。これはプラットホームが透明であることを証明するための機能です。過去にステルスマーケティングなどが有効したことがありますがInstagramでは広告には広告としっかり表記する仕組みを導入することでプラットホームの信頼を高めています。

インフルエンサーとの共同広告が活発に

インフルエンサーとの共同広告は活発になっています。Instagramでも既にSNSマーケティングでインフルエンサーと企業がコラボして商品を展開する事例も多数あります。Instagramが公式にブランドコンテンツ広告の仕組みを整備したことで、今後はより健全なインフルエンサーと企業とのタイアップが可能になるでしょう。

共同広告ならインフルエンサーのフォロワーにもリーチできる

インフルエンサーとの共同広告のメリットは企業アカウントだけではリーチできない層にリーチできるところです。インフルエンサーのフォロワーと企業アカウントのフォロワーでは数も層も違うのではないでしょうか。共同広告を通してインフルエンサーのフォロワーにも企業のブランドのストーリーや価値を届けることができます。

世界で広がるインフルエンサーマーケティング

インフルエンサーマーケティングは世界で広がっています。中国でも若者はインフルエンサーの身につけている商品やファッションに憧れ商品を購入する事例が多々あります。世界中でインフルエンサーととの共同広告は今後、広がっていきそうです。

まとめ

Instagramがブランドコンテンツ広告の提供を開始しました。Instagramは透明性の高いプラットホームを目指しているためインフルエンサーとの共同広告には「広告」とわかる仕様です。今後、世界中でインフルエンサーとの共同広告が盛んになりそうです。今回のInstagramの施策もその後押しとなるのではないでしょうか。

参照元 フェイスブックニュースルーム

執筆者 タモリマサヒコ

SNS運用代行なら新大陸

関連記事

  1. SNSで顧客を無視する企業は成功できない
  2. マーケティングにも大きな可能性を秘めるInstagramの勢いが…
  3. 「メンション」「外部リンク」「ブーメラン」、インスタグラム スト…
  4. ちゃんと注目されたかが分かる!Twitterアナリティクス
  5. Facebook、ニュースフィードの新アルゴリズムを発表
  6. Facebookが広告指標を改善
  7. Facebookの動画優先アルゴリズムを利用したキャンペーン
  8. 電通がインティメート・マージャーと提携し「Dentsu.io」の…

ピックアップ

老後に2000万円の貯蓄が必要?LINEで受け取れる年金額を試算できるように

老後に2000万円の貯蓄が年金とは別に必要になるというニュースがSNSや世論を騒がせました。ところで…

おすすめの記事

PAGE TOP
結果が出るSNS運用代行