Webマーケティングニュース

Huawei製スマホでFacebookアプリ提供停止か?

Huawei製のスマートフォンでFacebookアプリが提供停止となりました。同時にFacebook傘下のインスタも使えなくなります。既にHuawei端末でFacebookやインスタグラムのアプリを利用している消費者に影響はありません。米中貿易摩擦によってプラットホームそのものが規制対象になる時代です。今後の米中貿易摩擦でSNSでリーチできる層が分断される可能性もありそうです。

Huawei製スマホでFacebookもインスタのアプリもインストールできなくなる?

Huawei製スマホでFacebookもインスタグラムのアプリもインストールできなくなります。既にアプリをダウンロードしているユーザーはそのまま使えるようですが公式サポートが受けられなくなるため通常の表示や機能が使えなくなる可能性もあると指摘されています。既にアプリを利用している端末ではアップデートは受けられるとはいえHuaweiにとってネガティブな材料であることに変わりはありません。

ウェブ版ならFacebookもインスタも使用可能

ウェブ版でならFacebookもインスタもHuawei製のスマートフォンで閲覧・利用が可能です。しかしアプリ経由からのアクセスが当たり前の時代、不便だと感じるユーザーも多いでしょう。日本でもHuawei端末の発売は延期されています。

米中貿易摩擦の余波が大きい?

米中貿易摩擦の余波を受けトランプ大統領が米国企業による非米国企業の通信機器使用を禁止したことなどの余波がHuawei製品の排除につながっています。ロイター通信の情報では中国との貿易交渉が進展すればHuawei製品の禁輸措置を解除する可能性もあるという見解もあります。

参照元 ロイター

SNSも国の情勢で使えたり使えなくなったりする

SNSも国の情勢で使えたり使えなくなったりするものです。中国本土では、そもそもGoogleやLINE、Chatworkなどは通常使えないように情報規制がかかっています。SNSのプラットホームも国の情勢などで使えなくなる可能性があるため、注意が必要です。

まとめ

Huawei製のスマートフォンでFacebookのアプリがインストールできなくなります。既にインストールされたHuaweiのスマートフォンでは引き続き利用可能でアップデートも可能ですが公式サポートが十分に受けられなくなれば機能の一部が使えなくなる可能性もあります。SNSも国や情勢によって自由に使えなくなることがあります。Webマーケティング担当者も国の情勢や動向について日々、情報をキャッチアップしていくことが大切です。

参照元 WIRED

執筆者 タモリマサヒコ

SNS運用代行なら新大陸

関連記事

  1. マーケティング自動化ツール「SATORI」の全機能を試せる無料サ…
  2. ドミノ・ピザのLINEビジネスコネクト活用事例
  3. 「CA本部DSP」のネイティブ動画フォーマットへの対応が実現
  4. Google AdWords、Click-to-message …
  5. 動画コンテンツソリューション「Cxense Video」が日本で…
  6. アライドアーキテクツが「Birthday Press」を運営する…
  7. オウンドメディア活用で大成功したBtoB中小企業「三郷金属工業」…
  8. 「Omiai」が機能アップデート

ピックアップ

老後に2000万円の貯蓄が必要?LINEで受け取れる年金額を試算できるように

老後に2000万円の貯蓄が年金とは別に必要になるというニュースがSNSや世論を騒がせました。ところで…

おすすめの記事

PAGE TOP
結果が出るSNS運用代行