マーケティング全般

中国のEコマース業界で起きていること

中国のEコマース業界では世界で今後、起きる未来が既に起きているのかもしれません。これまで商品は大手企業のCMを見て買う人や信頼できるブランドから買う人が主流でした。日本でも最近はインフルエンサーマーケティングやSNS広告は注目されている分野です。しかし中国では既にSNSからの影響で商品を買うことが若者の間では主流になっています。

中国の若者はSNS型Eコマースアプリを利用する

中国のSNS型ECアプリ「「Xiaohongshu(小紅書)」は製品レビューやレコメンデーションが活発に行われています。写真も豊富で若者はSNS型のECアプリでインフルエンサーの影響を受けて商品を購入するようになっています。日本でもSNSマーケティングが最近では注目を集めていますが中国では既に、それが当たり前になっています。今後、日本で起きることが中国では既に起きている。そんな時代になっているのかもしれません。

大手の販促やブランドでは物を買わない時代に

大手の販促やブランドが商品を買うきっかけとなっていたのは中国も同じです。しかしSNS型のECアプリが若者の間に普及しており、現在では無視できないほど大きな存在になっています。中国で起きているマーケティングの変化を意識しておくことで日本だけでなく世界中の今後のマーケティングの世界の参考になるのではないでしょうか。

中国のEコマースのトレンドは世界でも起きるのか

中国ではアリババがニューリテール戦略を展開していることでもマーケティングの世界では注目が集まっています。ニューリテール戦略ではEコマースと実店舗を融合することで相乗効果を出すことが狙いとされています。例えばアリババの持つマーケティングデータを小売店に提供することで、小売店が売れる在庫ロスの少ない仕入れが可能になったり実店舗のスーパーをEコマースの倉庫の代わりにするなど新しいトレンドが次々に起きています。アリババが展開するEコマースと実店舗の融合も今後、日本で広まる可能性があります。中国のトレンドが日本の今後の参考になるのではないでしょうか。

まとめ

中国のSNS型ECアプリ「「Xiaohongshu(小紅書)」が若者に人気です。既にSNSマーケティングの影響力が大きくなっており若い世代はインフルエンサーの影響を受けて買い物をすることが珍しくありません。中国のトレンドが今後、日本にくる可能性もあるため注目しておくと良いでしょう。

参照元 BloomBerg Businessweek

執筆者 タモリマサヒコ

SNS運用代行なら新大陸

関連記事

  1. 多言語AIチャットボット「talkappi 」は直接予約も可能…
  2. 英ヴァージン・ホリデー社がメールマーケティングにAIを導入
  3. 短時間でWEB解析「Webサイト改善支援サービス」
  4. LINEを使ってお客さんのアンケートが取れる!
  5. 個人アプリ開発者向け動画広告枠「viidle」が提供開始へ
  6. ピンタレストが新機能「ギャラリー」導入。カルーセル表示でおすすめ…
  7. フェイスブックがスライドショーを作成できる新機能を追加
  8. LINEでA/Bテスト配信 LINEの自動配信ツール「WazzUp!」でA/Bテスト配信が可…

ピックアップ

老後に2000万円の貯蓄が必要?LINEで受け取れる年金額を試算できるように

老後に2000万円の貯蓄が年金とは別に必要になるというニュースがSNSや世論を騒がせました。ところで…

おすすめの記事

PAGE TOP
結果が出るSNS運用代行