メディア戦略

キングジム、Twitterで縮めるユーザーとの距離

シャープ、セガ、東急ハンズとお堅いイメージの大企業らしからぬ、「ゆるい」公式Twitterを紹介してきましたが、負けず劣らずのゆるさで人気となっているのが「キングジム」。「テプラ」や業務用ファイルであまりにも有名な大手事務用品メーカーは、どのようなSNS運営をおこなっているのでしょうか?

やはり、宣伝は少なめとなっています

キングジムが公式Twitterを立ち上がったのは2012年。スマホの普及が進んだのと、個人向け商品を拡大する方針を受けてのことでした。当初の活用法は、他の大手メーカー公式SNS同様、宣伝がメインだったのですが、フォロワー数は伸びません。そこで、担当者が日常生活で思っていることをつぶやくなど、現在の「ゆるい」路線に転換したところ、フォロワー数は急増、現在は33万人を超えるまでになりました。ツイートはリツイートを含めると1日に5回程度です。

キングジム公式Twitter内でのトレンドは、原作漫画はもちろん映画も大ヒット中の「キングダム」絡みのもの。音が似ていることから始まった両者の関係は、映画のチケットをプレゼントされるまでに発展。良い相乗効果を生んでいるようです。

多くの支持を集めるのは、人柄ゆえ?

他のSNSを運営している大手企業同様、キングジムでTwitterを担当しているのは、広報に所属している人物。フォロワーから「姉さん」と呼ばれている通り女性が担当しています。プライバシーを大切にしているのでしょう。他のメディアに登場するときは、メーカーのトレードマークをイメージした被り物を着用しており、素顔は明かされていません。

にもかかわらず、多くのフォロワーを獲得するに至ったのは、その人柄のなせるわざなのでしょうか。個人のユーザーとのコミュニケーションを取るためにスタートした、キングジムのTwitter。見事にその役割を果たしているようです。

まとめ

広告を極力減らす、日常のことをつぶやく……多くのフォロワーを抱えている、大手メーカーのSNSにはいくつかの共通点が見えてきますが、中でも重要と考えられるのが、ユーザーとの距離感。普段は接点が薄いユーザーとのコミュニケーションの場、こんな風に割り切っていることが、成功の条件と考えられそうです。

参考 https://twitter.com/kingjim

執筆者 gisinosuke

SNS運用代行なら新大陸

関連記事

  1. 欧米の消費者はどのチャネルで製品を研究しているか
  2. Webページのアクセス増加へ!Instagram Stories…
  3. 会社の取り組みを伝える。B2B企業のInstagramマーケティ…
  4. Googleで上位表示させるためには、長文記事が有利というのはウ…
  5. 欧米マーケティング担当者がSnapchatよりInstagram…
  6. イベントの臨場感をライブ配信!CESのFacebookライブ活用…
  7. 中国のEコマース業界で起きていること
  8. WhatsAppを利用しているのは、ビジネスの50%だけ?!

ピックアップ

老後に2000万円の貯蓄が必要?LINEで受け取れる年金額を試算できるように

老後に2000万円の貯蓄が年金とは別に必要になるというニュースがSNSや世論を騒がせました。ところで…

おすすめの記事

PAGE TOP
結果が出るSNS運用代行