メディア戦略

保守的、しかし顧客に寄り添う姿勢をみせるのがアディダス

別項目で紹介した通り、ナイキがおこなうキャンペーンはしばしば論争を巻き起こすほど革新的なもの。一方でナイキのライバルで「アディダス(adidas)」のキャンペーンは穏やかです。狙っているのは緩やかにファンを獲得すること。例えばTwitterでは、多数のアカウントを開設、可能な限り多くの層にアプローチするという方向性でマーケティングをおこなっています。

Twitter公式アカウント数はライバルの倍!

サッカーやテニス、ランニングなど、アディダスが得意としているジャンル。そして、野球やホッケー、ゴルフなど、これから開拓していくジャンル。アディダスは各スポーツごとに、Twitterアカウントを展開しています。また、Originarls、Y3、brazucaなどのブランドごとにもアカウントを展開していますから、それらの数は大変なもの。ナイキの倍ほどの数に上ります。このことから感じられるのは、アディダスがTwitterをブランドの入り口と位置づけていること。自社が手がけているジャンル全てを間口を広げ、顧客を取り込もうとする姿勢です。

アディダスはTwitterの運用で定評がある企業です。過去には、UEFAチャンピオンズリーグ決勝戦でリアルタイムに情報を発信、フォロワー数を飛躍的に伸ばすことに成功しています。

インパクトに欠ける、公式Instagram

一方で、アディダスのInstagramでの情報発信はスポンサーとなっているアスリートやキャンペーンをビジュアルで見せていくという平凡もの。ナイキと比較すると革新性において欠けるために、炎上もしないかわりにインパクトという点で今一つなものとなっています。結果、現れているのはフォロワー数の差。アディダスが2,330万人に対してナイキが8,640万人、4倍近い差がついてしまっています。

まとめ

アディダスのSNSマーケティングで優れている点は、細やかな情報を発信するTwitterの活用、劣っている点はInstagram、つまりビジュアルのインパクトの弱さでしょう。そのことは、先鋭的でしばしば扇動的なナイキと同じことをやっていてはいけないという意志も感じられるもの。やや保守的な姿勢を貫きつつ、顧客にどこまで寄り添えるか?をテーマにしているのがアディダスのマーケティングなのでしょう。

参考 https://twitter.com/search?f=users&q=adidas

執筆者 gisinosuke

SNS運用代行なら新大陸

関連記事

  1. MA使えてる?企業が導入失敗に陥りやすい理由
  2. マーケ界のインフルエンサーが教えるネガティブフィードバックへの対…
  3. まだの企業は要注意!今すぐやるべきスマホ対応
  4. AI通訳機がインバウンドで活躍
  5. 仮想現実の次は拡張現実に注目!ARを活用したプロモーション事例
  6. 個人でも利用できる決済サービス「AnyPay」スタート
  7. フェイスブックに動画は有効か!?動画制作の依頼方法とコスト削減
  8. 企業の広告宣伝・マーケティングなどの活動に役立つ「週間クリエータ…

ピックアップ

老後に2000万円の貯蓄が必要?LINEで受け取れる年金額を試算できるように

老後に2000万円の貯蓄が年金とは別に必要になるというニュースがSNSや世論を騒がせました。ところで…

おすすめの記事

PAGE TOP
結果が出るSNS運用代行