デジタルマーケティング

目標は自ら稼ぐこと?KFCのバーチャルインフルエンサー

Instagramで150万人以上のフォロワーを持つ「MIQUELA(ミケーラ)」だとか、日本のアタリ社がZARBON AND DODORIA社と共同で開発した「MEME(メメ)」だとか。架空のCGキャラクター「バーチャルインフルエンサー」が話題になっています。そんな中、キャラクターを作成、自社のInstgram公式ページに登場させたのが「KFC(ケンタッキーフライドチキン)」です。

実に男前!新カーネル・サンダース

ケンタッキーフライドチキンのキャラクターと言えば、創業者カーネル・サンダース。白髪に白ヒゲ、白のスーツ、メガネに優しげな表情、太めの体型は世界中でおなじみとなっています。しかし今回、KFCの公式Instrgramに登場した「Colonel Harland Sanders」さんは従来のカーネルおじさんのイメージと大きく異なるもの。ヘアスタイルやメガネ、コスチュームは従来通りなのですが、目を引くのはスラリとしたモデル体型。実に、今風にリニューアルしているのです。

KFCの公式Instrgramでは、そんな「新カーネル」のプライベートジェットで飛び回る姿やカナダの俳優トム・グリーンとのツーショット、日本の店頭でお客さんといっしょの写真、そして腹部にあしらわれた「成功のための秘密のレシピ」なるタトゥーまで目にすることができるのです。この新カーネル、一体誰?と、思うのですが……実在はしません。これはKFCが開発したCGキャラクターだからです。そんな彼の姿にフォロワーからは、かっこいいなど様々な声が上がり、大きな注目を集めるのに成功しています。

これは、企業発バーチャルインフルエンサー

面白いのは、新カーネルが企業発のバーチャルインフルエンサーである点。現在はもっぱら自社のプロモーションをおこなっていますが、計画されているというのが、他企業とのコラボレーションやタイアップ。話題性も高い上に、何と言っても140万人ものフォロワーを抱えていますから、すでにトップバーチャルインフルエンサー。フォロワーが150万人のミケーレと同等、強力なキャラクターとなっているのです。

まとめ

企業の公式Instagramでおこなわれていることといえば、当然ながら自社のプロモーションです。しかしKFCが登場させた新カーネルは、SNS単独でも収益を上げることができるという可能性を持っています。スケジュールも関係なければ、失言もスキャンダルもないというバーチャルインフルエンサーは企業の広報として理想的。しかも自分で稼いでくれるかもしれない、ありがたい存在なのです。

参照元 https://www.instagram.com/kfc/?hl=ja

執筆者 gisinosuke

SNS運用代行なら新大陸

関連記事

  1. コンバージョンを上げるための効果的な動画広告の作り方
  2. コンテンツマーケティングで失敗してしまう4つのケース
  3. 良質な体験を提供。使用頻度の高いコミュニケーションアプリを顧客サ…
  4. プラットフォーム別、リーチを増やす方法
  5. BrandFITのインフルエンサーを直雇用するプラットフォームと…
  6. マーケティング部門がAIで直面している4つの障害とは
  7. リスティング広告の効果が薄いジャンルの商品・サービスとは?
  8. AIがレストランを提案する時代へ

ピックアップ

ARとVRは今後ますます日常生活の一部に

ARは拡張現実、VRは仮想現実の略です。今ではARもVRも決して珍しい言葉ではなくなりました。ARは…

おすすめの記事

PAGE TOP
結果が出るSNS運用代行