Webマーケティングニュース

Googleしごと検索の最適化で求人広告の効果があが

人手不足の時代で採用難に困っている企業も多いのではないでしょうか。しかし求人広告サイトを利用するのも掲載費がかかります。必ずしも求人広告サイトを利用したからといって良い人材を獲得できるとは限りません。

自社サイトから直接、求人に応募してもらうことができれば企業は求人広告の費用を節約することができます。2019年の1月に実装されたGoogleしごと検索は求人広告の費用を抑え求人のチャンネルを増やしたい企業は利用を検討する価値があります。また検索を最適化するサービスも登場しました。

Googleしごと検索を最適化するサービスを提供する業者もある

Googleしごと検索を最適化するサービスをGMO TECHが提供開始しています。GMO TECHは従来のSEO対策も実施している企業です。その実績や技術をもとに従来のSEO対策まで含めたGoogleしごと検索の最適化を行います。

Googleしごと検索や自社の求人広告をあわせて多くの人の目にふれるようにしたい企業は、このようなサービスの利用を検討してみても良いでしょう。

Googleしごと検索とは?

Googleしごと検索は海外では(Google for jobs)と呼ばれています。企業が掲載した求人情報を表示する機能です。求職に関するキーワードを入力すると検索結果の画面に、求人情報が表示されるようになります。

よくMEO(ローカルSEO)では地名と飲食店などを組み合わせ検索すると、その地名のエリアにある飲食店が通常検索の結果よりも上位に表示されます。同じようにGoogleしごと検索では通常検索よりもうえに、しごと検索の結果が上位に表示されるのです。

Googleの検索上位に求人情報を載せ人手不足対策可能

Googleしごと検索をうまく活用すれば自社サイトを通して直接、採用活動もできます。人手不足で採用活動が進まない企業こそGoogleしごと検索の活用を検討してみる価値があるのではないでしょうか。

Googleしごと検索に対応する

Googleしごと検索に表示される自社の求人サイトの構成や検索エンジンにサイト情報を伝えるなどGoogleしごと検索に対応するためにしなければいけないことはたくさんあります。

もしも自社だけで対応が難しいならばWebマーケティングの専門業者に依頼するのも一つの方法です。GMO以外でも懇意にしているWebマーケティングの企業があれば相談に乗ってもらうと良いでしょう。

まとめ

Googleしごと検索は企業が掲載した求人情報を表示する機能です。求職に関するキーワードを入力すると検索結果の画面に、求人情報が表示されるようになります。GMOなどのWebマーケティング企業もGoogleしごと検索に対応するためのサービスの提供を開始しています。採用活動の一環としてGoogleしごと検索の利用を検討してみてはいかがでしょうか。

参照元 PR TIMES
執筆者 タモリ マサヒコ

SNS運用代行なら新大陸

関連記事

  1. 綺麗な画像でクリック率増加!マーケティングにはベクター画像がおす…
  2. Twitter、tweetstorm機能の導入をめざす
  3. アクティブコア、自動でセグメント分けする新機能を発表
  4. ソフトバンク、スマホ対象のショッピングサイト「ソフトバンクモール…
  5. 博報堂DYグループ、「テレビクロスシミュレーター」にフェイスブッ…
  6. コンテンツマーケティングが効果を発揮するまでにかかる時間
  7. 「いなげや」O2Oアプリをリリース
  8. マーケティングのROIを証明できますか?

ピックアップ

老後に2000万円の貯蓄が必要?LINEで受け取れる年金額を試算できるように

老後に2000万円の貯蓄が年金とは別に必要になるというニュースがSNSや世論を騒がせました。ところで…

おすすめの記事

PAGE TOP
結果が出るSNS運用代行