メディア戦略

VRでテレワークのバーチャルオフィスは広まるのか

テレワークとVRは最近ではよく聞く単語になりました。働き方改革で多様な働き方が推奨されるようになりテレワークをしている人も今では珍しくなくなりました。またVRも少しずつ一般家庭に普及しています。ゲームなどでVRを体験した人も多いのではないでしょうか。

テレワークをしている人は孤独になりがちです。そしてコミュニケーションもチャットやビデオ通話が主流。そんな中でVRを用いたバーチャルオフィスを公開実験する企業もでてきました。

VRはテレワークを変えることができるのでしょうか。

リモートワークの一般化とVR

現在は企業でもリモートワークで働く人が増えてきました。フリーランスのリモートワークも今では珍しくありません。働き方改革やITプラットホームの機能の向上、さらには技術のシェアリングエコノミー化も進みリモートワークをする人は決して特別な存在ではなくなりました。

VRもまた一般家庭でもゲーム機などで少しずつ普及しています。VRも今後、アップデートを重ねより実用的で没入感のあるVRプラットホームが生まれる日も遠くはないのかもしれません。

そしてVRでバーチャルなオフィス空間をつくりリモートワーカーをつなぐサービスが生まれつつあります。

バーチャルオフィス「Metaria」が公開実験

「Metaria」は株式会社OPSION(オプション)が運営するサービス。仮想空間で集まるという独特の体感により、一体感や気軽な会話を実現し、離れた場所で仕事をするメンバーとのコミュニケーションを円滑化することを狙いにした次世代の働き方改革ツールというコンセプトでサービスの実装を進めています。

そして公開テストでフィードバックを重ねるためにα版が公開されることになりました。

過去にはセカンドライフなどの仮想空間の事例も

VRではありませんが過去にはセカンドライフのようなバーチャル空間が流行ったことがあります。

2000年代半ばから後半にブームになった3Dのアバターが住む「仮想世界」です。一時期はセカンドライフ内に広告を出したり不動産を売買するなど仮想世界が第二のリアルになるのではないかと一部で話題になりましたが、いつの間にか話題にならなくなりました。

VRのバーチャル空間は一般的になるのかどうか注目されるところです。

まとめ

VRでバーチャルオフィスを運営しようとする試みが出てきました。リモートワーカーが増える中VRのバーチャルオフィスがVRプラットホームの機能の向上などで一般化されていくのか注目されます。

参照元 PR TIMES
執筆者 タモリ マサヒコ

SNS運用代行なら新大陸

関連記事

  1. 店頭販促ソリューション「LINEチェックイン」がはじまる
  2. 「ピンタレスト」がリターゲティング広告の配信を決定。広告配信先の…
  3. 全国のイケアストアでQRコード決済が可能に
  4. マーケティング成功のカギは、パーソナル化
  5. さくらと観光需要の関係
  6. 広告をミュージックビデオに!思わず見入る動画広告のアイデア
  7. 企業のソーシャルメディア運用。停滞させないための対策とは
  8. リスティング広告の効果が薄いジャンルの商品・サービスとは?

ピックアップ

ARとVRは今後ますます日常生活の一部に

ARは拡張現実、VRは仮想現実の略です。今ではARもVRも決して珍しい言葉ではなくなりました。ARは…

おすすめの記事

PAGE TOP
結果が出るSNS運用代行