Webマーケティングニュース

LINEPayは食品ロスや人手不足を解消できるのか

LINE PayはQR決済大手の一つです。ファミリーマートとのコラボでLINE Pay決済20%還元キャンペーンでも話題になっています。(2019年2月12日〜2月21日)。急速に進むQR決済ですがキャッシュレス化だけではなくQR決済サービスは食品ロスや人手不足の解消にも役に立つのではないかと期待されています。

LINE Payが経産省の「次世代店舗実証実験に参画」

経産省がLINE payと共同で食品ロスと人手不足をQR決済で解消する取り組みの実験を開始しました。期間は2月12日〜2月28日。官公庁でもQR決済の社会的な流れを組みQR決済によるキャッシュレス化以外の社会問題解決の方向を模索しています。

LINE Payの食品ロス対策

LINE Payで食品ロス対策はどのように実現できるのでしょうか。LINE Payでお店の在庫状況と生活者ニーズのマッチングをすることで食品ロス解消の取り組みが展開されます。実験店舗の対象商品に電子タグを付け、電子タグと連携する消費・賞味期限情報を「LINE」を通じてユーザー配信することで、期限が迫ったことでセール品にできる商品を紹介することができます。

LINE Payのプロモーション対策

買い物レシートの電子化を経産省では推進しています。電子化されたレシートを通して購買履歴から個別的なプロモーションや提案を実現することができます。LINE PayによってQR決済を通じて消費者に個別的なマーケティングができるようになります。消費者もプロモーションの恩恵を受けることでメリットがあります。

またプロモーションをLINE上で行うことで人手不足の現場の負担を減らせます。

まとめ

QR決済はキャッシュレス化の推進だけではなく食品ロスや人手不足対策にも繋がるのではないかと期待されています。官民共同での実証実験の段階に入っており今後もキャッシュレス化と、それに付随するソリューションが生まれていきそうです。

引用元 PR TIMES
執筆者 タモリマサヒコ

SNS運用代行なら新大陸

関連記事

  1. 野村證券が店舗受付に人工知能ロボットを導入
  2. Facebookに求人機能が搭載される?!
  3. WebRTCビデオチャットサ-ビスの導入で得られる大きな力とは?…
  4. ツイートでピザを注文!ドミノ・ピザがソーシャルメディアを使って注…
  5. まるでショーウィンドウ?ピンタレストのトップに製品をディスプレイ…
  6. Yahoo!チケットが最先端のチケット技術を導入
  7. Google、マーケティングに活用可能な「オプティマイズ」と「S…
  8. スナップチャットは、Facebook・twitter・LINEの…

ピックアップ

ARとVRは今後ますます日常生活の一部に

ARは拡張現実、VRは仮想現実の略です。今ではARもVRも決して珍しい言葉ではなくなりました。ARは…

おすすめの記事

PAGE TOP
結果が出るSNS運用代行