Webマーケティングニュース

Twitterの#GoLive機能とは?

Twitterは#GoLive機能を実装しました。Twitterのライブ配信機能ですが、従来のライブ配信とは決定的に違うことがあります。それはゲストと一緒にライブ配信ができること。さらには視聴者も招待可能になりました。これまでニコニコ動画のようにテキストによる交流ができるサービスはありましたがライブ配信で人を巻き込んだ運営が可能になります。

#GoLiveとは

#GoLiveはTwitterのライブ配信機能。一方的なライブ動画配信ではななく実際にライブに人を招待できるのが新しい魅力。テキストだけでの交流では伝えづらかったニュアンスなども伝えられるようになり表現の幅も広がっていきます。

#GoLiveによって何が期待できるのか

#GoLiveでは新しいインタラクティブな視聴者とのコミュニケーションが可能になります。それにより従来のテキストによる交流レベルでは実現できなかった交流や動画配信の展開も可能になります。これまで同様にチャットの読み・書きの機能もありますが、それに加えて複数の人との会話を世界で共有できるようになりました。

#GoLiveでインタラクティブなライブ配信が盛り上がるか

#GoLiveでインタラクティブな人を巻き込んだライブ配信ができるようになります。これにより臨場感が増したり、より動画配信者と動画視聴者との距離も近くなるのではないでしょうか。また遠方にいる人と一緒に会話を世界に共同配信できるようになるのでTwitterによるライブ配信がますます盛り上がることが期待されます。

まとめ

#GoLiveはTwitterの動画配信の機能。新しくライブ動画に人を招待したり、複数人の会話を世界に向けて発信することもできるようになります。この機能で新しいマーケティングを展開する人もきっとでてくることでしょう。

参照元 Twitter

執筆者 タモリマサヒコ

SNS運用代行なら新大陸

関連記事

  1. LINEを使ってお客さんのアンケートが取れる!
  2. Twitterが検索タブをリニューアル。モーメントなどの検索が簡…
  3. 中国スタートアップ企業のY Closet, 人気インフルエンサー…
  4. 音でユーザーの状況を把握し、広告配信できるシステム発表
  5. 企業のソーシャルメディア運用。停滞させないための対策とは
  6. チャットボットを活用したマーケティングツール「RESULTMAS…
  7. サイバーエージェントとC CHANNELが連携し縦型動画広告を提…
  8. 詳細なペルソナを設定することの重要性とは?

ピックアップ

老後に2000万円の貯蓄が必要?LINEで受け取れる年金額を試算できるように

老後に2000万円の貯蓄が年金とは別に必要になるというニュースがSNSや世論を騒がせました。ところで…

おすすめの記事

PAGE TOP
結果が出るSNS運用代行