Webマーケティングニュース

2018年に最も利用が伸びたECアプリは「ZOZOTOWN」

2018年に最も利用が伸びたECアプリは「ZOZOTOWN」。ZOZOTOWNはオンラインのアパレルショッピングサイト。着るだけで自分の服のサイズが分かるZOZOスーツも2018年の話題になりました。ECのスマホシフトが加速し利用者の多くはPCではなくスマホアプリから購入しています。

ZOZOTOWNが2018年最も伸びたECアプリ

ZOZOTOWNはアパレルのEコマースとして存在感のある企業でした。2017年の段階ではパソコンから購入するユーザーが多かったのですが2018年にはパソコンで購入する層が減りスマホアプリから購入するユーザーが増えています。この流れだと2019年、2020年にはスマホアプリから購入するユーザー数がパソコンから購入するユーザー数を追い抜きそうです。

Eコマースはスマホが主流の時代へ

ZOZOTOWNの動向からも分かるようにPC経由よりもスマホ経由のユーザーがECでは増えています。そのためマーケティングやEコマースではスマホからの流入を意識しなければならない時代です。

特にスマホでもアプリからの利用が約6割という調査結果がでています。アプリの利用率が伸びているZOZOTOWNは勢いのある企業です。

ZOZO脱却のアパレル企業もある

その一方でZOZOTOWN依存から脱却しようとしているアパレルメーカーもあります。ZOZOTOWNへの出店手数料が利益を圧迫しているからです。ZOZOTOWNの利用者は増えており集客力がある反面、手数料に悩み自社サイトでの販売にシフトしようとしている企業のジレンマもあるためZOZOTOWNとアパレル企業各社の今後の動向も注目されます。

まとめ

2018年にアプリ利用者数が最も伸びたのはZOZOTOWNです。Eコマースはパソコン経由からスマホ経由の時代にシフトしています。ZOZOTOWNはアプリ利用者数も増えており集客力もある反面、出店アパレル企業は出店手数料の負担もあるため脱ZOZOをするかどうかのジレンマに立たされているところもあります。今後の動向が注目されます。

引用元 PRTIMES

執筆者 タモリ マサヒコ

SNS運用代行なら新大陸

関連記事

  1. Youtubeにクリエイター限定でストーリー機能公開
  2. 多忙な経営者向けソーシャルメディア戦略
  3. 「Googleしごと検索」の最適化サービスをフルスピードが開始
  4. 商品・サービスの体験特化型動画リリースサービス「PRChanne…
  5. 業界初の半自動チャットボットとは?
  6. LINEとワークスモバイルがビジネスチャットを提供予定
  7. Yahoo!ショッピング出店事業者向けに格安宅配サービスを開始へ…
  8. 「KANADE DSP」リエンゲージメント広告をスマートフォンア…

ピックアップ

AI通訳機「POCKETALKⓇ(ポケトーク)」がインバウンドで活躍

訪日外国人向けのサービスの向上に役に立つAI通訳機の販売がはじまっています。日本のインバウンド市場の…

おすすめの記事

PAGE TOP
結果が出るSNS運用代行