マーケティング全般

Twitterの利用者は現在どうなっている?

140文字以内でやりとりするSNS、Twitterの現在の利用率や利用者動向は現在、どうなっているのでしょうか。やはり若者主体なのでしょうか。それともFacebookのように中高年がメインのプラットホームになっているのでしょうか。Twitter広告という言葉もある時代、マーケティングの担当者はTwitterの現在の動向を確認しておくと良いのではないでしょうか。

Twitterの利用率と登録率は?

Twitterは利用率3割弱、登録率4割。Twitterは年々、少しずつですがアクティブユーザーも閲覧だけのユーザーも増加中です。またTwitterを今後、利用したいというユーザーは若年層ほど高い傾向で10・20代で6割、30代で4割弱、40代・50代になると2割〜3割とTwitterは若年層にリーチしやすいSNSメディアであることがわかります。

Twitterのアクセス頻度は若年層が高め

Twitterのアクセス頻度は1日1〜4回が利用者の4割弱のボリュームゾーン。1日1回以上のアクセスが利用者の6割。10〜30代だと7〜8割まで上がります。アクセス頻度の傾向は若年層が高め。若い層が活発なアクティブユーザーになっていることがわかります。逆に言えば中高年層にはリーチしづらいメディアともいえます。

Twitterでつぶやく頻度は?

1日1回以上つぶやく人は利用者の1割強。単につぶやく人は利用者の5割程度です。つぶやかずに読むだけのユーザーも多いことがわかります。若年層がやはり高い頻度でつぶやいています。Twitterは若い人の意見が飛び交っている傾向があるようです。

Twitterの利用目的は?

利用目的は「最新の情報、リアルタイムでの情報収集」「有名人、著名人のつぶやきの閲覧」が利用者の各4割。メインの使われ方は交流よりも情報収集や有名人の動向を確認することです。身内でのコミュニケーションツールは、やはりLINEなどで住み分けができています。

まとめ

Twitterは利用者が年々増えています。そして若年層が活発なSNS。リアルタイムでの情報収集を中心に利用している人が多いのが特徴です。

引用元 PR TIMES

執筆者 タモリ マサヒコ

SNS運用代行なら新大陸

関連記事

  1. リブラ フェイスブックの「仮想通貨」リブラ発行も前途多難
  2. BtoBにおける、顧客に対する販売後のサポートの必要性
  3. 消費者が読みやすいコンテンツは?文字数を制限してシリーズものに
  4. TencentとAlibabaがデジタルマーケティングに参入した…
  5. Facebook、プロフィール画像のアニメ化に取り組む
  6. ブログ投稿について掘り下げてみよう
  7. 販売ではなく顧客とのつながりを目的に。ピンタレストのお買い物ピン…
  8. Facebookのファンを買うべきでない理由

ピックアップ

老後に2000万円の貯蓄が必要?LINEで受け取れる年金額を試算できるように

老後に2000万円の貯蓄が年金とは別に必要になるというニュースがSNSや世論を騒がせました。ところで…

おすすめの記事

PAGE TOP
結果が出るSNS運用代行