メディア戦略

JNTOが訪日インバウンドプロモーション事例紹介

2018年12月18日に政府は日本を訪れた外国人観光客が3000万人を超えたことを発表しました。近年のインバウンド市場は盛況で毎年、急激に伸びています。このインバウンド市場の活況は全国の自治体で様々なデジタルマーケティング の工夫を促すようになりました。そのため様々なデジタルマーケティング の事例もでてきました。JNTO(日本政府観光局)は、日本全国のさらなるインバウンド市場を盛り上げるため全国のマーケティング活用事例を順次公開していくことを発表しました。

インバウンドが訪日外国人3000万人超え

とうとう訪日外国人観光客の数が3000万人を超えたことが話題になりました。日本のインバウンド市場は2010年代の半ばから急激に増え続け今では日本の代表的な観光地に行くと、外国人観光客がいないところを探すほうが難しくなってきました。全国の自治体や宿泊業などの企業も、この広がり続けるインバウンド市場に積極的にマーケティングを行ってきました。

JNTOがインバウンドプロモーション事例紹介

JNTOは日本政府観光局のことです。日本のインバウンド市場全般をサポートするための機関で、インバウンドマーケティングのための情報発信や取り組みを続けてきました。訪日外国人観光客が3000人を超えた今、JNTOは日本全国の様々なデジタルマーケティング の事例を紹介し、日本全国に共有をはじめました。インバウンドのデジタルマーケティング の担当者はJNTOの発表する様々なモデルケースを参考にできるようになりました。

JNTO

第一弾は福島県の事例を紹介

福島県は風評被害がいまだに残る自治体。しかし、訪日観光客を取り戻すためのデジタルマーケティング によるプロモーションで努力してきた自治体でもあります。例えばマーケティングで風評被害の小さな対象国を選定、さらに対象国の趣味や趣向を調査した外国人目線の質の高いプロモーション動画によるマーケティングを行いました。JNTOはこの事例を成功事例として日本に紹介しています。今後は福島以外の事例も共有される見込みです。

まとめ

JNTOが訪日インバウンドマーケティング のプロモーション事例を共有する取り組みを始めました。訪日外国人観光客が3000万人を超える現在、各自治体の成功事例は多くのマーケターにとって参考になるのではないでしょうか。

参照元 PR TIMES 
執筆者 タモリ マサヒコ

SNS運用代行なら新大陸

関連記事

  1. Instagramから買い物が可能に、企業のインスタグラム活用は…
  2. SNSで顧客を無視する企業は成功できない
  3. 2018年サイバーエージェント市場調査が動画広告市場拡大を裏づけ…
  4. ワクワク感を売るビジネス?
  5. 人工知能がロゴデザインを行う「Logojoy」
  6. Facebook、ニュースフィードの新アルゴリズムを発表
  7. ビデオチャットを利用した対面接客サービス「LiveCall」で、…
  8. ROIが最も高い広告形態はどれ?

ピックアップ

ARとVRは今後ますます日常生活の一部に

ARは拡張現実、VRは仮想現実の略です。今ではARもVRも決して珍しい言葉ではなくなりました。ARは…

おすすめの記事

PAGE TOP
結果が出るSNS運用代行