Webマーケティングニュース

Youtubeにクリエイター限定でストーリー機能公開

Instagramではお馴染みになったストーリーズ。タイムラインには表示されず24時間で消えることからリアルタイムで「今」を共有できることから人気の機能です。Youtubeでもクリエイター限定ですがストーリー機能を公開しました。Youtubeは今後、広告コンテンツのプラットホームの主役になる見方も濃厚です。Youtubeを利用したマーケティングが主流になるなら、発信側の視点でYoutubeの機能を理解する必要もありそうです。現段階ではクリエイター限定のYoutube機能ですが今後、一般層にまで拡大する可能性もあります。

ストーリーとは?

ストーリーとは一定時間で消えてしまうことを前提とした投稿のことです。ストックされないからこそ気軽にリアルタイム性を楽しむことができます。Instagramでも24時間で消えてしまう前提のストーリー機能は人気があり、よく使われています。

Yotutubeストーリーの特徴

Youtubeのストーリーは24時間ではなく1週間で消える仕様です。しかもモバイル端末のYoutubeアプリでのみ見ることができます。またストーリーに視聴者はコメントもでき、クリエイターも返答が可能です。Youtubeストーリーの特徴はファンとの交流が気軽にできるようになることです。Youtubeのストーリーを通してインタラクティブなやりとりをして活発な交流が可能になります。Instagramも動画を投稿できるようになったため、Youtubeの領域に食い込んでくるようになりました。Youtubeも動画プラットホームとしての魅力を拡充していかないと、立場がすぐに危うくなる時代なのかもしれません。

消えてしまうからこそ気軽に投稿できる

ストーリーは期間限定で消えてしまうからこそ気軽に配信できる良さやリアルタイム性があります。Youtubeにもクリエイター限定とはいえ、ストーリー機能が追加されたことで、ますます使い勝手が良くなりそうです。

まとめ

Instagramではお馴染みのストーリーズ。タイムラインには出てこない消えることが前提の投稿です。Youtubeでもクリエイター限定でストーリー機能が追加されました。今後、Youtubeのストーリーも一般的に広まることになるかもしれません。Youtubeのストーリーは1週間で消えます。視聴者はコメントを投稿したりクリエイターは返答できたりと、インタラクティブなやりとりに使われることになりそうです。

参照元Youtubeクリエイターブログ
執筆者タモリ マサヒコ

SNS運用代行なら新大陸

関連記事

  1. 地産地消型の広告「47都道府県バナージャック」が提供開始
  2. Instagramの国内月間アクティブアカウント数2900万に成…
  3. ブログ利用率から見る効率的な広告マーケティング
  4. JNTOが訪日インバウンドプロモーション事例紹介
  5. スナップチャットでオンラインとオフライン両方の顧客と交流する方法…
  6. 博報堂DYメディアパートナーズなどが、マーケティングオートメーシ…
  7. LINEのビジネスコネクトアカウントで有人対応
  8. ぴあがプライベートDMP「PIA DMP」を提供開始へ

ピックアップ

AI通訳機「POCKETALKⓇ(ポケトーク)」がインバウンドで活躍

訪日外国人向けのサービスの向上に役に立つAI通訳機の販売がはじまっています。日本のインバウンド市場の…

おすすめの記事

PAGE TOP
結果が出るSNS運用代行