Webマーケティングニュース

業界初の半自動チャットボットとは?

業界初の半自動チャットボットが株式会社サイシードの提供する「sAI chat」に、搭載されることが発表されました。チャットボットはAIがディープラーニングの学習をもとに質問に自動返信するシステムのことです。しかし半自動チャットボットは聞いたことがある人も少ないのではないでしょうか。半自動チャットボットはAIのチャットボットの回答をオペレーターが確認・編集して最終的に人の目を通して利用者に届けるシステムです。何故、普通のチャットボットではなく半自動チャットボットなのでしょうか。

半自動チャットボットは何が違うのか

半自動チャットボットと普通のチャットボットの違いは、最終的に人の目を通しているかどうかです。半自動チャットボットは普通のチャットボットの回答を、さらにオペレーターが編集・確認をしたうえで送信します。つまりAIのチャットボットで第一段階の回答を用意し、最終チェックでオペレーターの目が入ることで不自然な回答や大きな間違いが利用者に届くのを防止できる強みが半自動チャットボットにはあります。

何故、半自動チャットボットが開発されたのか

AIチャットボットはまだまだ通り一辺倒の回答しかできないことが多いです。そのため、誤った回答を絶対にしてはいけない業態、例えばヘルスケアや法律相談、さらには接客要素を含む不動産仲介などでは最終的に人の目を入れた方が良いケースもあります。AIチャットボットがヘルスケアで間違えた回答を送信するケースを人の目で事前に防ぐことができるからです。確かにAIチャットボットは多くのオペレーターの負担を軽減、または代替してくれます。最近のAIがいくら優れているとはいえ、まだまだ人の力に頼らなければならないところも多いようです。半自動チャットボットは人の確認がいらない完全なチャットボットへの移行期で有効活用されて行くのではないでしょうか。

まとめ

半自動チャットボットとはチャットボットの回答を最終的に人の目で確認・編集して送信するシステムのこと。チャットボットのAIが進化してきているとはいえ、まだまだ人の目による確認が必要なケースも多々あります。まだまだチャットボットは開発途上。半自動チャットボットは人の確認がいらないチャットボットまでの移行期で活用されそうです。

参照元PR TIMES
執筆者タモリ マサヒコ

SNS運用代行なら新大陸

関連記事

  1. 遂にランサーズが、Quantの全機能を提供スタート
  2. O2Oマーケティングの成功事例をご紹介
  3. YouTubeが購入型コメント権「Super Chat」導入
  4. アタラが豊富なノウハウでダッシュボード構築・運用コンサルを提供へ…
  5. ストーリーを共有。コンテンツマーケティングで顧客ロイヤリティを高…
  6. タイ航空がエフコードのWeb接客ツールを導入
  7. 「ニールセン デジタル広告視聴率」に新機能追加で、視聴者の性別・…
  8. 2018年上半期出稿のスマホ広告1位は「荒野活動」2位「Tik …

ピックアップ

AI通訳機「POCKETALKⓇ(ポケトーク)」がインバウンドで活躍

訪日外国人向けのサービスの向上に役に立つAI通訳機の販売がはじまっています。日本のインバウンド市場の…

おすすめの記事

PAGE TOP
結果が出るSNS運用代行