Webマーケティングニュース

中古車個人売買「Ancer」が4億円資金調達

中古車個人売買のサイトを運営する「Ancer」が、投資会社や個人投資家から4億円の資金を調達しました。
資金調達によってマーケティングや新規事業を強化する方針です。「Ancer」は簡単に例えるなら車を売買できる
フリマアプリです。しかし車の売買には個人では対応することが難しい様々な手続きや整備があり普通のフリマ
アプリで売買するのは難しく一般的ではありません。しかし「Ancer」は全国の整備工場との連携により、各種手続きや整備を業者に任せることが可能。個人の売り手も買い手も中間業者を通さずに売り買いできるため、売り手にも買い手にも「Ancer」を使うメリットがあります。

中古車CtoCとは

中古車CtoCビジネスとは、中古車の個人間売買のこと。衣類や本ならフリマアプリの「メルカリ」を通して個人間での売買が盛んです。しかし中古車は今まで中古車売買の業者から買うのが一般的でした。車の売買には煩雑な事務手続きや整備が必要だからです。そして、中間業者を通すことで車の売買は売り手も買い手もコストがかかります。中古車の個人間取引(CtoC)は、煩雑な事務手続きや整備の問題があるため気軽にはできませんでした。しかしCtoCのプラットホームで事務手続きや整備の問題を解決すれば、中古車CtoCを気軽に利用できるようになり、売買のコストも抑えることができます。

「Ancer」の強みと今後の展開

「Ancer」の強みは、中間コストと消費税のカット。通常取引よりも買い手は15%ほど安く買え、売り手も15%ほど高く売れます。個人間の直接取引を「Ancer」が代行し購入前、購入後のアフターケアも安心。「Ancer」が提携する整備工場を通して、事務手続きや整備の問題も解決できます。個人間では売買が難しいものもCtoCのプラットホーム次第で、売買が可能になります。

まとめ

中古車個人売買の「Ancer」が4億円の資金調達。中古車CtoCビジネスを今後、強化します。一般的なフリマアプリでは難しい売買もCtoCのプラットホームが問題を解決すれば可能になります。

参照元PR TIMES 
執筆者 タモリ マサヒコ

SNS運用代行なら新大陸

関連記事

  1. SEO対策はコンテンツの充実から。コンテンツは独自思考から地域思…
  2. SEOは古い?外食・小売のWebマーケティングはMEOの時代
  3. 凸版印刷が、バーチャル試着アプリ「DressMe!」の提供をスタ…
  4. ヤフー株式会社が、スマホ・タブレット端末向けの無料カーナビアプリ…
  5. リーボックのユニークなインフルエンサーマーケティング
  6. ソーシャルメディアを効果的に使うために(1)
  7. 「BiNDクラウド」がサイトを自動生成する新機能「AiDジェネレ…
  8. 多忙な経営者向けソーシャルメディア戦略

ピックアップ

ARとVRは今後ますます日常生活の一部に

ARは拡張現実、VRは仮想現実の略です。今ではARもVRも決して珍しい言葉ではなくなりました。ARは…

おすすめの記事

PAGE TOP
結果が出るSNS運用代行