Webマーケティングニュース

保険相談ナビがAIによるWeb接客を導入

株式会社ニュートン・フィナンシャル・コンサルティングが運営する「保険相談ナビ」に、AI搭載Web接客プラットフォームSprocketが導入されることになりました。これにより、顧客の特性に合わせたポップアップバナーの表示が可能になります。Web接客とは簡単に言えば、顧客属性に合わせたWeb上での提案や広告表示をすること。様々な業界のWebサイトでWeb接客は今や当たり前のように広まっています。例えば大手EコマースのAmazonを見ると「あなたにおすすめの商品」が提示されますが、これもWeb接客の一つです。物販のEコマースだけではなくAIを活用したWeb接客は今や当たり前のサービスになりつつあります。

保険相談ナビとSprocketが提携

株式会社ニュートン・フィナンシャル・コンサルティングが運営している保険相談サイト。保険を相談できる店舗、保険相談のプロ、保険商品の購入など幅広い保険に関するサービスを提供しているWebサイトです。保険に入ろうか悩んでいる人に対して、厳選した保険商品の提案やコンサルティングサービスを提供。保険のプロが40社以上の保険会社の豊富な商品を厳選したオーダーメイドのプランを提案することを強みにしています。今回の発表ではマーケティング企業のSprocketと提携することでCVRの向上が見込めます。

AIが保険検討者のデータを収集

Web接客のシステムでは顧客の属性をAIのディープラーニングを通して把握します。それによって「保険相談」ナビで元々、集客していた顧客やこれからの見込み客により積極的にサービスを提案することができるようになります。AIで顧客の属性を把握し、顧客に応じたバナーやポップアップをWebサイトに表示させることで、より保険サービスの購買率をあげることが可能になります。さらに「保険相談ナビ」に集客した見込み客のデータを集めていくことで、より精度の高いマーケティングの資料や材料も集めることができます。

まとめ

「保険相談ナビ」にAIを活用したWeb接客のシステムを導入しました。これにより「保険相談ナビ」では、より積極的に保険サービスを顧客に積極的に提案できるようになります。Web接客はEコマースではよく知られた方法ですが業界の枠を超え広がっています。

参照元PR TIMES 
執筆者 タモリ マサヒコ

SNS運用代行なら新大陸

関連記事

  1. 【ライフスタイル編】ピンタレストが予測する2017年の関心度上昇…
  2. 音楽を組み合わせた動画アプリ「Musical.ly」を若い世代向…
  3. 「よくきくよ」リニューアルで自然言語処理技術を導入へ
  4. 楽天データマーケティング株式会社が満を持して営業を開始
  5. 「BiNDクラウド」がサイトを自動生成する新機能「AiDジェネレ…
  6. 見込客を可視化マーケティングツール「プロスペクター」
  7. 【美容・健康編】ピンタレストが予測する2017年の関心度上昇トピ…
  8. フェイスブックで、モバイル広告経由の実店舗来店数と売上のデータ解…

ピックアップ

ARとVRは今後ますます日常生活の一部に

ARは拡張現実、VRは仮想現実の略です。今ではARもVRも決して珍しい言葉ではなくなりました。ARは…

おすすめの記事

PAGE TOP
結果が出るSNS運用代行