Webマーケティングニュース

インバウンド多言語AIチャットボット「talkappi 」から直接予約が可能に。

「talkappi」はインバウンド多言語AIチャットボットです。WEBブラウザーだけではなくFacebookやWeChat、LINEにも導入可能。これによってインバウンド関係の業者は日本語、英語、中国語(簡体)、中国語(繁体)、韓国語で自動応答が可能。多くの外国人観光客は、このAIチャットボットとのやりとりによって各国の言語で質問して回答を得ることができました。その「talkappi」から直接、外国人観光客が宿泊施設に予約ができる機能が実装されました。これにより宿泊施設はAIチャットボットでのサービスを提供しつつ、そのまま取りこぼしなく外国人観光客の予約に繋げることができるようになりました。

talkappiボットとは

talkappiボットは2017年12月にリリースしたAIによる多言語での問合せへの自動応答機能などを備えたチャットボット。日本語、英語、中国語(簡体)、中国語(繁体)、韓国語に対応。日本人をはじめ訪日外国人旅行者(インバウンド)の9割以上をカバーしています。「Hotel Village」や旅行会社の「ホワイト・ベアーファミリー社」、地域DMOの「草津温泉観光協会」などで既に導入されており、問合せへの自動応答率が高いということで好評を得ているサービス。今回の発表では、このチャットボットサービスに予約機能が追加。外国人観光客側は今までチャットボットで問い合わせをしても、そこから宿泊施設に直接、予約ができませんでした。

宿泊施設向けの予約・販売管理システムTL-リンカーンとの連携

talkappiはアクティバリューズが提携しているチャットボットサービス。今回のチャットボットへの予約管理システムの実装はTL-リンカーンとの連携により実現。TL-リンカーンは旅行会社とネット販売からの通知を一元管理し、残室・料金調整が一括でできるASPサービス。「talkappiボット」を導入した宿泊施設は、「talkappiボット」からの宿泊予約を、他の旅行会社等からの予約と合わせて一元管理できるようになります。

インバウンドのサービスでは、シームレスに宿泊者の予約を獲得していく流れになっています。今後もこのような便利なサービスや情報提供から直接、サービスへの予約・成約率に繋げていくマーケティングが主流になりそうです。

まとめ

talkappiは外国人観光客向けの多言語自動応答チャットです。このチャットボットに直接、宿泊施設に予約する機能が実装されました。このサービスを導入することで自社サイトからの予約率が向上が期待できます。

参照元 ValuePress
執筆者 タモリ マサヒコ

SNS運用代行なら新大陸

関連記事

  1. コンテンツマーケティングで過剰な宣伝感はNG?顧客目線で価値を提…
  2. 成果報酬型動画広告「Grateful Video Ad」の正式提…
  3. 「保険相談ナビ」でAI搭載Web接客プラットフォームSprock…
  4. ヤフー株式会社が、スマホ・タブレット端末向けの無料カーナビアプリ…
  5. 見込客を可視化マーケティングツール「プロスペクター」
  6. 大企業の魅力を有効活用できる「LOTTEアプリ」をご紹介
  7. 2017年の顧客体験を高めるトレンド!音声検索などモバイルと個人…
  8. グーグルアース・マップの画像クオリティーが向上!

ピックアップ

モバイルアプリマーケティング「Repro」AI搭載でWEB領域へ

「Repro」はモバイルアプリ国内シェアNo.1ツール。世界59か国5,000 以上のアプリへの導入…

おすすめの記事



PAGE TOP
結果が出るSNS運用代行