Webマーケティングニュース

多言語AIチャットボット「talkappi 」は直接予約も可能

「talkappi」はインバウンド多言語AIチャットボットです。WEBブラウザーだけではなくFacebookやWeChat、LINEにも導入可能。これによってインバウンド関係の業者は日本語、英語、中国語(簡体)、中国語(繁体)、韓国語で自動応答が可能。多くの外国人観光客は、このAIチャットボットとのやりとりによって各国の言語で質問して回答を得ることができました。その「talkappi」から直接、外国人観光客が宿泊施設に予約ができる機能が実装されました。これにより宿泊施設はAIチャットボットでのサービスを提供しつつ、そのまま取りこぼしなく外国人観光客の予約に繋げることができるようになりました。

外国人向けの多言語チャットボット

talkappiボットは2017年12月にリリースしたAIによる多言語での問合せへの自動応答機能などを備えたチャットボット。日本語、英語、中国語(簡体)、中国語(繁体)、韓国語に対応。日本人をはじめ訪日外国人旅行者(インバウンド)の9割以上をカバーしています。「Hotel Village」や旅行会社の「ホワイト・ベアーファミリー社」、地域DMOの「草津温泉観光協会」などで既に導入されており、問合せへの自動応答率が高いということで好評を得ているサービス。今回の発表では、このチャットボットサービスに予約機能が追加。外国人観光客側は今までチャットボットで問い合わせをしても、そこから宿泊施設に直接、予約ができませんでした。

宿泊施設向けシステムとも連携

talkappiはアクティバリューズが提携しているチャットボットサービス。今回のチャットボットへの予約管理システムの実装はTL-リンカーンとの連携により実現。TL-リンカーンは旅行会社とネット販売からの通知を一元管理し、残室・料金調整が一括でできるASPサービス。「talkappiボット」を導入した宿泊施設は、「talkappiボット」からの宿泊予約を、他の旅行会社等からの予約と合わせて一元管理できるようになります。

インバウンドのサービスでは、シームレスに宿泊者の予約を獲得していく流れになっています。今後もこのような便利なサービスや情報提供から直接、サービスへの予約・成約率に繋げていくマーケティングが主流になりそうです。

まとめ

talkappiは外国人観光客向けの多言語自動応答チャットです。このチャットボットに直接、宿泊施設に予約する機能が実装されました。このサービスを導入することで自社サイトからの予約率が向上が期待できます。

参照元 ValuePress
執筆者 タモリ マサヒコ

SNS運用代行なら新大陸

関連記事

  1. 実店舗の例から学ぶマーケティングレッスン
  2. criteo「ホリデーレポート」12月のオンラインショッピング動…
  3. Twitterを効率活用するツールSocialDogが10万アカ…
  4. 個人アプリ開発者向け動画広告枠「viidle」が提供開始へ
  5. 良質なコンテンツを作る『食べる通信』から「ポケットマルシェ」リリ…
  6. コールセンターとソーシャルメディアを統合しよう
  7. 世界的にインターネット広告の需要増加。消費者がインターネットに集…
  8. ピンタレストが新機能「ギャラリー」導入。カルーセル表示でおすすめ…

ピックアップ

ARとVRは今後ますます日常生活の一部に

ARは拡張現実、VRは仮想現実の略です。今ではARもVRも決して珍しい言葉ではなくなりました。ARは…

おすすめの記事

PAGE TOP
結果が出るSNS運用代行