マーケティング全般

「ショッピング機能」がInstagramストーリーズにも拡大

Instagramは写真共有型のSNS。ブランディングの展開に使うイメージの強いのがInstagramです。しかし、2018年の6月にはフィード投稿の表示で商品に、商品名や価格が記載されるタグを付け購入を促す機能の導入が発表されました。

例えば@zozotown_officialのInstagramの投稿を見ると、写真上の服にタグがついています。そのタグをクリックするとzozotownのWEBページに飛びInstagramの写真に掲載されていた服を購入することができます。米国時間の9月17日に、Instagramはストーリーズというフィード投稿とは別の独立した部分でも、「ショッピング機能」の実装をすると発表しました。

Instagramのショッピング機能とは

Instagram上の写真に写っている商品に商品名と価格の記載されたタグをつけることができます。
そしてタグをリンクにして、商品販売ページに誘導できるのがショッピング機能です。利用するにはInstagramで定められた要件を満たす必要があります。審査に合格すればInstagramにタグをつけることができます。

ショッピング機能の拡大とマーケティングへの期待

InstagramはブランディングのためのSNSというイメージがマーケティング担当者にとって、強かったのではないでしょうか。しかしInstagram上でフィード投稿でもストーリーズでも商品タグを付け購買促進が可能になりました。ブランディングだけでなく商品購入までの導線をInstagram上でデザインできるようになったのでマーケティングにより活用できるようになりました。

まとめ

Instagramで「ショッピング機能」がストーリーズでも拡張されました。Instagramはブランディングだけではなく商品販売ページへの導線としても活用できるようになりました。Instagramを活用したブランディングと商品販売はこれから、ますます広がりそうです。

参照元(Facebookニュースルーム

執筆者 タモリ マサヒコ

SNS運用代行なら新大陸

関連記事

  1. AIチャットボットが採用をサポートする時代に
  2. 【コラム】今のままで大丈夫?広がり続けるクラウドソーシングの市場…
  3. AIによるコンテンツマーケティング支援
  4. Instagram Storiesがパワーアップ!スタンプなど新…
  5. AdobeのAIにメルマガ配信を最適化する機能を開発中?!
  6. サイバーエージェントとC CHANNELが連携し縦型動画広告を提…
  7. JNTOが訪日インバウンドプロモーション事例紹介
  8. これぞSNS本来の力?!インドネシア大統領選の架空候補

ピックアップ

老後に2000万円の貯蓄が必要?LINEで受け取れる年金額を試算できるように

老後に2000万円の貯蓄が年金とは別に必要になるというニュースがSNSや世論を騒がせました。ところで…

おすすめの記事

PAGE TOP
結果が出るSNS運用代行