Webマーケティングニュース

凸版印刷がMAと連動したDM自動発送サービスを開始

企業のマーケティングではデジタルだけでなくプリントメディアを活用しているところも多いのではないでしょうか。凸版印刷ではEメールやSNSのマーケティング活動の自動化ができる(Salesforce Marketing Cloud)などのマーケティングオートメーション(MA)ツールの運用業務を展開しています。しかしプリントメディアもMAに組み込みたいという要望もありました。凸版印刷は、これまでのMAとオンデマンド印刷工程を連携させるマーケティングオートメーション連動型DM自動発送サービスを開発しました。

MAと連動したDM自動発送サービスとは

既存のEメールやSNSのマーケティング自動化ツール(MA)からのデータを取得し最短12時間でDMを印字、発送できるサービスです。つまり、これまでのデジタル媒体の広告の自動発信に加え紙媒体のDMの発送も
連携して可能にする新しいサービスです。

また既存のMAツールから抽出された情報も元にDMの印字内容を変更しターゲットに合わせたDMを配信も可能になります。

またユニークQRコードで、DMを受けとった顧客の反応をリアルタイムで測定しデジタルマーケティングからだけでは分からなかった材料も集めることができ、今後のマーケティングにも役立てることが可能になります。

デジタルでプリントメディアも生きる

広告によってはデジタルよりもプリントメディアで送る方が効果的なこともあります。大切な見込み顧客には紙媒体のメールを送りたいこともあるのではないでしょうか。またDM以外の対応、AI連動によるターゲッティングの精度の向上などにも広がっていく予定。デジタルに加えプリント媒体での発信もできるようになって相乗効果も期待できそうです。

まとめ

凸版印刷はこれまでのデジタルマーケティングのMAツールに紙媒体のDM自動発送サービスも追加しました。
マーケティング担当者はEメールやSNSだけではなく紙媒体の広告をターゲットに発送したい時もあるでしょう。凸版印刷の新しいサービスはそんな需要にこたえたサービスではないでしょうか。

参照元 PR TIMES
執筆者(タモリ マサヒコ)

SNS運用代行なら新大陸

関連記事

  1. Facebookのユーザー情報は杜撰?Amazonのクラウドに放…
  2. VRでお部屋探しができる時代
  3. SEO対策!ペナルティを受けるリンクを知って被リンクを充実(後編…
  4. チャットボットを活用したマーケティングツール「RESULTMAS…
  5. Facebook、ライブ配信の音声版「Facebook Audi…
  6. パソコンとモバイル、SEO対策の違いを知ってクリック率増加
  7. 「ペライチ」と「売れるネット広告つくーる」の連携で、費用対効果の…
  8. LINE LIVE専用スタジオ「SHIBUYAスクランブルスタジ…

ピックアップ

老後に2000万円の貯蓄が必要?LINEで受け取れる年金額を試算できるように

老後に2000万円の貯蓄が年金とは別に必要になるというニュースがSNSや世論を騒がせました。ところで…

おすすめの記事

PAGE TOP
結果が出るSNS運用代行