Webマーケティングニュース

電力ガス小売事業者のAIツール「EMAP」

電力・ガス小売り事業者の多くが『EMAP』で活用されるビッグデータとAIによるマーケティングの恩恵を受けることになりそうです。『EMAP』とはENECHANGE株式会社が提供するユーザーデータを活用したデジタルマーケティングを可視化するクラウド型ソリューション。

2016年の電力自由化により一般の家庭の方も購入する電気を選べるようになりました。そして2017年4月には都市ガスも自由化。ENECHANGEが経営する電気代見直しサイト大手「エネチェンジ」は一般消費者向けに便利な電気代比較情報と契約取次サービスを提供しています。そして、そのデータを活用し一部の電力・ガス小売事業者にのみ提供していたデジタルマーケティングのサービスが広く販売されることになりました。リニューアルに伴い決まったサービス名が『EMAP』(イーマップ:Energy Market Acceleration Platform)です。

電力・ガス小売事業者がAIマーケティングを実施

EMAPはENECAHANGE株式会社が電力・ガス小売事業者向けに提供するデジタルマーケティングサービス。AIとビッグデータが活用され、一般消費者向けの電気代比較サイト「エネチェンジ」で蓄積した分析データやノウハウをもとに、事業者向けのサービスとして広く販売されることになりました。それによりAIやビッグデータを活用したマーケティングを導入する企業が増えそうです。

小売事業者でもはじまったAIマーケティング

もともとEMAPは一部の電気・ガスの小売事業者向けのサービスでしたが、一般の電気・ガス小売事業者でもEMAPの広い販売によって利用可能になります。一部事業者だけがAIやビッグデータの恩恵を受ける時代から多くの業者がAI・ビッグデータの恩恵を受けられる時代。EMAPをAI・ビッグデータに基づいたお得なプランの提示や顧客管理に活用する企業が増えることで、消費者の電力・ガス購入も多様化するのではないでしょうか。

まとめ

ENECHANGEが一部の電気・ガス小売事業者に提供していたマーケティングサービスが、多くの小売事業者に提供されることになりました。そのサービスが『EAMP』で、多くの事業者がAIやビッグデータを活用したマーケティングを利用できるようになりそうです。

参照元:PR TIMES
執筆者:(タモリ マサヒコ)

SNS運用代行なら新大陸

関連記事

  1. Twitter4,000万人突破!2016年現在のSNS事情とは…
  2. 「ユーザー生成コンテンツ」がソーシャルメディアマーケティングを変…
  3. 自社アカウントが凍結!?Twitterトラブルを回避するために知…
  4. マイクロソフトのSNS活用術。ハッシュタグでブログアクセスをアッ…
  5. Googleで上位表示させるためには、長文記事が有利というのはウ…
  6. アルファサード株式会社がスマホ向けアプリ「PowerCMS」をリ…
  7. LINEを通じてオフラインのアンケートが可能に
  8. YouTuberの動画を参考に商品購入する女子大生が30%を超え…

ピックアップ

老後に2000万円の貯蓄が必要?LINEで受け取れる年金額を試算できるように

老後に2000万円の貯蓄が年金とは別に必要になるというニュースがSNSや世論を騒がせました。ところで…

おすすめの記事

PAGE TOP
結果が出るSNS運用代行