Webマーケティングニュース

AI時代のマーケターに必要なこと

マーケティングのためにコピーライティングは将来的にAIが担うことになる可能性があります。そのためマーケティング関係者やコピーライターはAIを使いこなす側になり、AIからあがってくる草案を選ぶ力がますます必要になります。

AIによって失われる可能性がある書き仕事

広義のマーケティングの中にコピーライティング、セールスライティングがあります。大手広告代理店にはコンセプトからマーケティングを考えるコピーライターが雇われてきました。そして数々のターゲットを動かす名コピーが生まれました。ターゲットを動かす言葉を生み出せる力はマーケティングの世界で大きな武器でした。しかしAI時代にはそれだけでは通用しなくなる可能性が高いのかもしれません。

AIライターがコピーを書く時代に

既に大手広告代理店の電通や博報堂ではAIがコピーを考える段階に入りつつあるようです。電通ではAIコピーライターのAICOの存在が発表されています。博報堂でもAIがコピーライティングを書く実験が既にされています。

AIを使いこなすコピーライターが必要

AIは一度に数百〜数万のコピーを生み出せると言われています。普通に人が生み出せる数ではありません。これからはAIがコピーの草案をたくさん作り、効果的なコピーをマーケターが選ぶ時代です。この流れはマーケティング全般に広がるでしょう。ゆえに、担当者にも止められるのAIがつくるコピーを選ぶ力。AIを道具として使いこなせるマーケターが今後するようになるかもしれません。

参照元:電通報
執筆者:(タモリ マサヒコ)

SNS運用代行なら新大陸

関連記事

  1. AIがSNSウケするスコアを判定できる料理カメラアプリが登場
  2. オンライン英会話のNativeCampサブスクリプションで利用者…
  3. オウンドメディア活用で大成功したBtoB中小企業「三郷金属工業」…
  4. 中国向け動画インフルエンサーマネジメント会社「Vstar Jap…
  5. 電通がインティメート・マージャーと提携し「Dentsu.io」の…
  6. ニールセン、大手Eコマースサイトの利用状況を発表
  7. Facebook、メッセンジャーで表示される横スクロール広告をテ…
  8. 中国のeコマースビジネスから学べる5つの特徴

ピックアップ

老後に2000万円の貯蓄が必要?LINEで受け取れる年金額を試算できるように

老後に2000万円の貯蓄が年金とは別に必要になるというニュースがSNSや世論を騒がせました。ところで…

おすすめの記事

PAGE TOP
結果が出るSNS運用代行