Webマーケティングニュース

フェイスブックが、広告表示における管理方法のアップデートを発表。希望しない広告を非表示にすることが可能に

Facebookは、広告表示に関する管理方法のアップデートを行うことを8月9日に発表しました。広告表示を利用者が管理できるようになることで、利用者は希望しない広告が表示されないように設定することが可能になります。

 

欲しい情報・欲しくない情報を利用者側で管理しやすくなる

今回のアップデートにより、Facebook利用者は自分にとって必要のない広告を表示されなくて済むようになります。例えば、地方のイベントや宿泊情報、格安航空券の情報等、「旅行」に関する広告は自分には必要ない、と思えば「広告設定」から、表示されないように設定することが可能になります。欲しい情報と欲しくない情報を利用者側が管理しやすい仕組みとなりました。

人々のオンライン体験を損なわず、さらに快適にFacebookを利用してもらおうという狙いです。

 

一方で、広告ブロックソフトを無効化する取組もスタート

希望しない広告の表示を拒否する設定を強化する一方で、広告ブロックソフトを無効化する取組もスタートします。これまで、広告ブロックソフトを提供する一部の企業は、ブロックされた広告を表示させることと引き換えに料金を受け取るという方法で利益を得てきました。Facebook側はその動きを封じるため、今回の「ブロックソフト無効化」に踏み切りました。
フェイスブック
これまで、ほとんどの利用者は必要のない広告にイライラさせられるか、ブロックソフトを使用して広告を完全にブロックするかを選択していました。しかし、今回の取組によって、利用者が「広告表示を管理する」という新しい選択肢を増やすこととなりました。

参照元:Facebook
執 筆:マーケティングワールド編集部

ーーー

Facebook、Twitter、Blogの運用代行は新大陸にお任せください!コンテンツの企画・制作から投稿実務、効果のフィードバックまでオールインワンで貴社のマーケティングを支援します!
資料請求はこちらから

ーーー

SNS運用代行なら新大陸

関連記事

  1. ソーシャルメディアを効果的に使うために(1)
  2. Facebookのリアクションボタンをマーケティングに活用する方…
  3. 経済産業省が中小企業のITツール導入へ支援金
  4. 高額商品こそLINEで売れ!中古車販売店が提携
  5. 良質なコンテンツを作る『食べる通信』から「ポケットマルシェ」リリ…
  6. LINEのビジネスコネクトアカウントで有人対応
  7. トレンドのハッシュタグで注目を集める!Twitterで幅広い顧客…
  8. 最も人気のあるソーシャルネットワーク

ピックアップ

ニールセン、大手Eコマースサイトの利用状況を発表

マーケティング調査会社のニールセンが大手オンラインショッピングサイトとオークション/フリマサービスの…

おすすめの記事



PAGE TOP
結果が出るSNS運用代行