デジタルマーケティング

モバイルマーケティングへの投資を考える前に

消費者のスマホの使用が大幅に増えている中、モバイルをターゲットとしたマーケティングの重要性が強調されている昨今ですが、モバイルマーケティングへの投資を増やす前に知っておきたいことがあります。米国Smart Insightsサイトからご紹介しましょう。

消費者が購入へ至るルート

グーグルのモバイル購入経路レポートは、米国の消費者950人を対象に9つの業種(レストラン、フード&クッキング、ファイナンス、旅行、家庭&ガーデニング、アパレル&美容、自動車、エレクトロニクス、健康&栄養)で、彼らがモバイルを通じてどのように購入に至ったかを調査しています。

ここで重要な発見は、モバイル検索が彼らが購入に至る出発点となっていることです。予想どおりモバイルでは「検索」が最も一般的な出発点となっていますが、デスクトップでは「ブランドのアプリ」や「企業ウェブサイト」からの検索が出発点となる率がより高くなっています。

モバイルデバイスからの業種別検索状況

消費者はモバイル検索とレビューサイトから、どのように製品にリーチしているのでしょうか。Hitwise の2016年春のモバイルリサーチは、製品のカテゴリー別のモバイル検索率を明らかにしています。

このリサーチ結果によると、小売業や自動車を含む多くのカテゴリーで、消費者がモバイル検索から製品へたどりつく率が50%を超えていますが、銀行や不動産など購買意思決定への関連がより深い分野では、その率が低くなっています。

まとめ

現在、モバイルファーストがマーケティングのトレンドとなっていますが、モバイルマーケティングに全面投資する前に、周辺の調査も怠らないことが肝心です。

参照元:  Smart Insights
執筆者:  シャヴィット・コハヴ

SNS運用代行なら新大陸

関連記事

  1. Facebookマーケティング戦略の10のステップ
  2. 自社アカウントが凍結!?Twitterトラブルを回避するために知…
  3. マーケティングに活用すべき!レビューの効果と事例
  4. オリジナル絵文字でCTAの促進も!ソーシャルメディアの絵文字活用…
  5. まったくゼロからのSEOの学び方
  6. 柔軟性の高いハッシュタグを使ったマーケテイングで企業の特徴をアピ…
  7. GMOグループが「チャット上で決済完結」を目指す取り組み
  8. 「NaviPlusリタゲメール」にカゴ落ち対策バナー機能を追加へ…

ピックアップ

老後に2000万円の貯蓄が必要?LINEで受け取れる年金額を試算できるように

老後に2000万円の貯蓄が年金とは別に必要になるというニュースがSNSや世論を騒がせました。ところで…

おすすめの記事

PAGE TOP
結果が出るSNS運用代行