デジタルマーケティング

スマホは大事、でもデスクトップも

過去には「2014年までにモバイルの使用がデスクトップを追い抜く」というのは大きな予言でした。しかしcomScoreの最新レポートによると、今日私たちはこの転換点を大きく超えています。中でもインド、メキシコ、インドネシアでは、スマートフォンの視聴者数がデスクトップの視聴者数の4倍以上にもなっています。

モバイルユーザとデスクトップユーザの比較

以下のチャートはユーザ1人当たりが、モバイルとデスクトップに費やす平均時間を示しています。モバイルの使用が一番多い国はアルゼンチン、デスクトップの使用が比較的多いのはカナダですが、ほとんどの国でモバイルの使用時間がデスクトップの2倍以上になっています。

 

これだけモバイルが大切だということは、あなたのビジネスが顧客によいモバイル体験を提供していなければ、モバイルオンリーのライバル企業には勝てないということです。モバイルオンリーのSNSであるSnapchatの人気が急上昇中なのを見ても、これがわかるでしょう。

国別デバイスの人気度

以下のチャートは、デバイスの人気度を国別に表しています。やはりどの国でもスマートフォンの人気が一番高くなっています。(日本はボタン色で示されています。)

平均して46%のユーザが、コンテンツにアクセスするのに複数のプラットフォームを使っています。マルチプラットフォームが依然としてほとんどの市場で主要なため、企業のマーケティング戦略もすべてのデバイスを対象に行うべきだと言えます。

ここで大切なのは、ユーザがどのようにマルチチャネルのスイッチング動作を行っているかを理解することです。サイトを訪れるモバイルデバイスと、デスクトップデバイスユーザ間の分け合いを把握するのです。それには Googleアナリティクスでセグメントを使用するのが最適な方法です。

参照元:  Smart Insights
執筆者:  シャヴィット・コハヴ

SNS運用代行なら新大陸

関連記事

  1. 効果的で手ごろなリード生成の4つのヒント
  2. SNSで会社の取組みをシェア。ハッシュタグを使ったブランディング…
  3. 【ライフスタイル編】ピンタレストが予測する2017年の関心度上昇…
  4. 本当にリードを獲得できる、リードマグネットの作り方
  5. Facebook、ライブ配信の音声版「Facebook Audi…
  6. 製品をライフスタイルに溶け込ませたコンテンツでユーザーの想像力を…
  7. 他社とSNSで交流して存在感UP!オレオとキットカットも実践した…
  8. 2018年のソーシャルメディアに予想されること

ピックアップ

モバイルアプリマーケティング「Repro」AI搭載でWEB領域へ

「Repro」はモバイルアプリ国内シェアNo.1ツール。世界59か国5,000 以上のアプリへの導入…

おすすめの記事



PAGE TOP
結果が出るSNS運用代行