マーケティング全般

スナップチャットは、Facebook・twitter・LINEのようにビジネス活用が可能なのか?

SNSと言えば、Facebookやtwitterがお馴染みですね。しかし最近、スナップチャットというSNSが若者中心に流行しています。日本ではまだまだ主流とまではいきませんが、米国ではアプリ使用時間はFacebookに続き2位に収まる等、非常に大きな勢力となっています。

スナップチャットとは、そもそも何なのか?何ができるのか?そして、Facebookやtwitter、LINEのようにビジネス活用は可能なのかを説明します。

 

スナップチャットの全体像を説明

スナップチャットとは、「黄色い背景にお化け」アイコンのチャットアプリです。お化けのキャラクターの通り、「消えるSNS」という特徴があります。これがスナップチャットの最も大きな特徴であり、メリットです。どういうことか?まずはスナップチャットの全体像を説明します。

スナップチャットは、画像や動画を加工・編集して友達に送ることができるSNSです。画像・動画のやりとりが軸であることから、Instagramに似ています。しかし、Instagramを始め他のSNSと違うところは、最大10秒までで設定できる「閲覧時間」が終了した画像・動画は消えてなくなってしまうというところにあります。友達から送られてきた動画を開き、それを一度閲覧したら、もうアプリからは消えてなくなってしまうため、こちらから再送しない限り、友達はその動画を二度と見ることができません。

「それって不便じゃないか?何のメリットがあるのか?」と思われるかもしれません。しかし、この消えてなくなるという機能には、ユーザーにとって大きなメリットがあります。

まず、投稿が蓄積されていくFacebook等と違い、自分が発信した画像・動画はすぐに消えるわけですから、「いいね!」やコメントといった「他者からの評価」ひいては「自分の人気」を気にしなくても良いわけです。深く考えず、くだらない動画をパッと友達に送ることができるので、他のSNSに比べたら格段に「気楽・気軽」です。

スナップチャットの人気の理由は、写真・動画の加工が楽しいだけではなく、内容がすぐに消えてしまうというインスタントな気軽さ、楽しさにあります。

 

スナップチャットの特性を利用して大成功を収めた例

新たなSNSと聞いて、気になるのがビジネス利用はできそうか、どうかです。スナップチャットは消えるSNSと聞いて、ビジネス利用はなんだか難しそうに感じますが、決してそのようなことはなく、むしろその特性を利用して、プロモーションや集客に大成功した企業もあります。

その例として、ニューヨークのアイスクリーム店「16 Handles」が有名でしょう。「16 Handles」が行ったスナップチャット戦略とは、顧客にアイスクリームを食べている写真を自社のスナップチャットアカウントに送信してもらい、そのお礼として割引クーポンを送るというもの。これだけなら、他のSNSと変わらないキャンペーンに見えますね。

しかし、スナップチャットの特性上、配布されたクーポンは、閲覧したら消えてしまいます。そこで顧客はアイスクリームを食べる気分になった時に、何割引きか分からないまま、ワクワクしながら店頭に足を運ぶことになります。

普通に割引クーポンを配布すれば、もらった時は嬉しいでしょうが、すぐにクーポンの存在を忘れてしまうでしょう。しかし、店頭に足を運ぶまで中身が分からないクーポンをもらった場合、「自分は何をもらったのか」というワクワク感を持ちながら、実際に来店する確率は高まるということです。

 

まとめ

世界的に10代~20代のFacebookユーザーが減少しています。若者はInstagramやスナップチャットに移行しており、彼らをターゲットにする企業には、それを上手く活用したビジネス戦略が必要になります。スナップチャットが流行り始めた今、乗り遅れずに、利用してみてはいかがでしょうか?
執 筆:マーケティングワールド編集部

ーーー

Facebook、Twitter、Blogの運用代行は新大陸にお任せください!コンテンツの企画・制作から投稿実務、効果のフィードバックまでオールインワンで貴社のマーケティングを支援します!
資料請求はこちらから

ーーー

SNS運用代行なら新大陸

関連記事

  1. Pathって何?日本では流行するの?
  2. 吉本にTGC。インフルエンサーマーケティングが続々と事業化
  3. 365日対応!訪日外国人向けに人工知能のチャットコンシェルジュ導…
  4. Twitter4,000万人突破!2016年現在のSNS事情とは…
  5. Facebook、百万人の事業主にデジタルリテラシー訓練を約束
  6. 来年コンテンツマーケティングでできそうなこと
  7. ドイツのビール会社が考えたポイ捨てを防ぐ缶ビールとは?
  8. LinkedInが変える!見込み顧客開拓への活用のメリット

ピックアップ

ニールセン、大手Eコマースサイトの利用状況を発表

マーケティング調査会社のニールセンが大手オンラインショッピングサイトとオークション/フリマサービスの…

おすすめの記事



PAGE TOP
結果が出るSNS運用代行