マーケティング全般

AI を導入する前にこれだけは知っておこう

AI(人工知能)は膨大なデータを実用的な情報に集約して、セールス担当者が顧客をより良く理解できるようにします。AI を適切に使うことで、セールスチームは時間を節約しつつ販売数を増やすことができます。business.comサイトから、AI ベースのビジネスの勧めをご紹介しましょう。

企業の AI導入への懸念

AI はすでに業界を超えて米国のビジネスシーンを変えています。米国企業の84%が 「AIがビジネスでの競争で優位性を与える」と考えており、63%が「競争のために必須だ」と考えています。米国では AIはもはや新しい機会ではなく、ビジネスの共通性となりつつあります。

しかし AIがいかに広く普及しているとはいえ、それを成熟と呼ぶのは早すぎるようです。AIアプリの作業では、エラーを防ぐために人間のアナリストによる検証が頻繁に行われています。大手のハイテク企業も、AIを効率的に使用するために奮闘しているのが実状です。

多くの企業はAIの導入を熱望していますが、間違った解決策に投資することに対して慎重です。この懸念はセールスチームにとってはさらに深刻です。新規顧客やリピーターとつながる AIの能力は、セールスチームにとって魅力的な投資ですが、企業の意思決定者はまず、AIの販売ユースケースを作成して、技術を慎重に実装することが必要です。

セールスチームへの AIの魅力

セールスチームは常に「ベストなクライアントを特定する」ことを切望しています。AIは売上高を解釈して、どのクライアントが収益を上げるかを判断することができます。また AIは、ビジネスの最も時間と労力を要する部分を自動化して、セールスチームがインタラクションとエンゲージメントに集中できるようにすることで、セールスサイクルをスピードアップさせます。

セールスチームに AIを導入するとき

それでも AIの影響力については、現実的であることが必要です。セールスチームの課題は、最大のインパクトを持つ場所に AIを実装すること。そのために以下のヒントを活用してみてください。

1.販売サイクルを理解する

AIは すべての販売サイクルに適するわけではありません。取引を完了するのにふつう4通のメールと1通の通話が必要な場合、AIはこれらのメールの多くを自動化して、セールスの完了を早めることができます。しかし1年間に数回顧客との面談を必要とするような販売サイクルでは、AIはそれほど効果的ではありません。セールスの専門家が築く、卓越した人間関係を構築することは AIにはできないからです。

2.AIを実際に試してみる

AIには多くの利点がありますが、現在も将来もその機能には限界があります。大規模な投資をする代わりに、顧客関係管理システムを通じて利用可能なアプリの形でAIを使って作業を開始してください。異なる販売エリアで異なる機能を導入することで、簡単に比較することができます。

3.人的要素を過小評価しない

セールスの基本は、今も将来も人間の努力です。これは魅力とサービスのコンビネーションで、AIがどれだけ進化しても、この領域で人間に秀でることはありません。AIはあらゆる販売シナリオで人間の要素を増幅してアップグレードする手段です。人間の代替品ではなく、あくまでも補完品だと考えてください。AIの導入でセールスチームは過去に行ったことを改善し、関連性を維持しながら、取引をますますデータによって促進できるようになります。

参照元:  business.com
執筆者:  シャヴィット・コハヴ

 

SNS運用代行なら新大陸

関連記事

  1. マルチプラットフォームの顧客サービスはなぜ必要か
  2. LINEのビジネスコネクトアカウントで有人対応
  3. 短時間でWEB解析「Webサイト改善支援サービス」
  4. 企業マーケティング担当者の今年の最優先事項は?
  5. オウンドメディア運用に使える「BiND for WebLiFE*…
  6. 博報堂DYグループ、「テレビクロスシミュレーター」にフェイスブッ…
  7. 【コラム】オウンドメディア運用における、SEO記事とバズる記事の…
  8. 機械学習をマーケティングに応用したサービスをリリース

ピックアップ

モバイルアプリマーケティング「Repro」AI搭載でWEB領域へ

「Repro」はモバイルアプリ国内シェアNo.1ツール。世界59か国5,000 以上のアプリへの導入…

おすすめの記事



PAGE TOP
結果が出るSNS運用代行