マーケティング全般

予測分析をマーケティングに使ってみる

予測分析をご存知ですか。予測分析とは、週末にあなたのパートナーが家でサッカーのワールドカップを見たがるだろうと予測することです。どうしてそれが予測できるのか。それは、パートナーは映画館へ行くより家でテレビを見るのを好む(過去の行動)+ 彼がテレビガイドを見ている(現在の行動)+ 彼自身町のサッカークラブに所属している(コンテキスト情報)からです。

「予測分析」をマーケティングに活用してみる

予測分析をマーケティングに適用するには、まず目標を設定します。あなたのビジネスでリピーター購入者が顧客データベースに占める割合は8%、そして彼らが40%の価値を生成しているとすれば、ここがビジネスで成長させたい分野となります。したがって目標は「より多くの単発購入者をリピーターに変えること」です。

次に上記のように「過去の行動」、「最近の行動」、「その他の有用な要因」(人口統計、コンテキスト上のデータ、位置データなど)を洞察します。私たちの洞察力には考慮されるフィールドが100〜150ありますが、これらのモデルはすでにマーケティングオートメーション技術に組み込まれているので、すべてを選別する必要はありません。

しかし予測をより正確にすることができるものはすべて考慮に入れます。マーケティング担当者の中には、適切な種類のデータが十分にないことを懸念する人もいますが、手始めにあなたが知る必要があるものを見つけて、そこから作業を始めるのです。

洞察から得たものをどうするか

過去の行動、現在の行動、およびその他の有用な情報を組み合わせて得られる洞察は、2つのグループに分かれます:「リピーターになる可能性が高いもの」と「低いもの」です。

ここでマーケターのスキルを使い、2種類のメッセージを作ります。もちろん、リピーターになる可能性の低いグループを顧客として呼び戻すのは容易ではありません。しかしマーケターは自分のブランドを知っています。何が効果的で、どのメッセージが実際に影響を持つかを把握しています。それらを駆使して、顧客の旅を反映したモデルを作り上げてください。

参照元:  Smart Insights
執筆者:  シャヴィット・コハヴ

SNS運用代行なら新大陸

関連記事

  1. 「食べログ」ネット予約サービスの利用人数が増加中
  2. Instagramの複数投稿の活用法。ハウツーとして情報発信
  3. 株式会社Showcase Gigの運営するサービス「O:der」…
  4. 10代スマホユーザーの3割が「QR決済」をする時代
  5. Amazonが音声購入を支配 – 顧客が購入している…
  6. 電通がインティメート・マージャーと提携し「Dentsu.io」の…
  7. Googleが消去困難なポップアップ広告を制裁。知っておくべきこ…
  8. SEO対策!ペナルティを受けるリンクを知って被リンクを充実(前編…

ピックアップ

老後に2000万円の貯蓄が必要?LINEで受け取れる年金額を試算できるように

老後に2000万円の貯蓄が年金とは別に必要になるというニュースがSNSや世論を騒がせました。ところで…

おすすめの記事

PAGE TOP
結果が出るSNS運用代行