デジタルマーケティング

Facebookの中小企業にやさしい動画制作者向けツール

Facebookは現在、動画制作者向けツールを更新中です。Facebookビデオはビジネスに高いエンゲージメントを与えています。消費者の64%以上が Facebookで見たビデオが購入に影響を与えると言っています。YouTube の埋め込みに比べて、Facebookビデオは視聴回数が2倍、エンゲージメントは7倍です。

動画制作者向けFacebookツール

新機能は、Facebookライブとオンデマンドビデオについての「投票」から始まります。これにより製作者は視聴者との関わりを深めることができるだけでなく、フィードバックを得ることで何がよく機能しているかを把握して、視聴者に興味のあるコンテンツを作り続けることができます。

視聴者をチャネルに留めるためのゲーミフィケーション(サービスにゲームの要素を組み込んで、ユーザのモチベーションやロイヤリティを高める手法)も導入されています。トップファンの名前の横にバッジを付けることで、制作者が忠実な支持者と交流できるようになります。

そのほか、中小企業がプレゼンスを管理できる新しい動画テンプレート、世界中で利用可能な Android 向けの制作者アプリなどが追加されています。企業が自社の製品やサービスに合った動画制作者を検索して、将来のコラボレーションのための取引を行うことができる仕組みもあります。

広告費を適格に使う

Facebookが動画制作者に提供するこれらのサポートで、企業はより多くのターゲットオーディエンスを見つけることができるようになります。受容力のあるオーディエンスにキャンペーンを配信できるため、広告費の投資収益率も向上します。

大掛かりなキャンペーンをする余裕のない中小企業にとって、Facebookの新プログラムは、広告に費やす費用の価値を高めるものとなるでしょう。

参照元:  Small Business Trends
執筆者:  シャヴィット・コハヴ

 

SNS運用代行なら新大陸

関連記事

  1. 10代の7割がSNS上の投稿やニュースを情報源としている現実
  2. ニールセンが2016年インターネット利用者数調査の結果を発表!
  3. マーケティングツール「MIERUCA」にヒートマップ機能が追加へ…
  4. Instagramをマーケティングに使った成功例(1)
  5. Facebookのファンを買うべきでない理由
  6. スマホは大事、でもデスクトップも
  7. コンテンツマーケティングで過剰な宣伝感はNG?顧客目線で価値を提…
  8. 商品・サービスの体験特化型動画リリースサービス「PRChanne…

ピックアップ

ARとVRは今後ますます日常生活の一部に

ARは拡張現実、VRは仮想現実の略です。今ではARもVRも決して珍しい言葉ではなくなりました。ARは…

おすすめの記事

PAGE TOP
結果が出るSNS運用代行