デジタルマーケティング

よいYouTubeマーケターになる方法

大手検索エンジンの一つ、YouTubeをマーケティングに使わない手はありません。YouTube チャネルはより広いオーディエンスに届き、より多くのトラフィックを生成し、エンゲージメントとリードを生み出し、コンバージョン率を高めます。より良いYouTubeマーケターになる方法を Smart Insights サイトからご紹介します。

まずはスケジュールの作成

コンテンツマーケティングでは一貫性が大切ですが、YouTubeマーケティングでは一貫性はより一層大切です。不規則な動画の投稿ではトラフィックを得ることは期待できません。現実的な頻度を決定し、事前にコンテンツを計画することで、投稿スケジュールを守ることができます。効果を上げるためには、少なくとも週1回新しい投稿をすることです。

多くの予算を費やせない場合にも、教育タイプの動画や、ハウツーものの動画を撮影したり、動画マーケティングツールを使ってインタビューを設定したり、スマホを活用して、上記を実現することができます。

チャネル管理に役立つツール

チャネルが拡大するにつれ、YouTube の管理者にはより多くの作業時間が必要になります。時間の節約には、コメント管理や監視に役立つツールを使用するとよいでしょう。コラボレーションツールの Agorapulseや、YouTube から直接利用できる vidIQは、コメント管理と返信、トレンドを基にした動画へのタグやキーワードの推薦、エンゲージメントのトラッキングなどができます。

エンドスクリーンを追加する

ユーザの滞在時間を伸ばすため、YouTube はエンドスクリーンに便利な機能を提供しています。エンドスクリーンでは、視聴者にあなたのチャネルを購読するよう促したり、ウェブサイトや別の動画、プレイリストなどを宣伝することができます。動画にエンドスクリーンを追加するには、動画の長さが25秒以上であることが必要です。エンドスクリーンは5〜20秒程度です。

動画を常に最適化する

より多くの視聴者にアプローチするには、YouTube の検索エンジンを活用します。Googleに続いて世界第2位の検索エンジンであるYouTubeには、登録ユーザ数が10億人以上いるため、多数の視聴者に到達できる可能性があります。

動画ランキングにはいくつかの要素があります:アカウントに適切なチャネルキーワードを入力すると、YouTube があなたのチャネルについて理解する助けになります。どのトピックに視聴者が興味を持っているかを見つけ、タイトルと説明キーワードを使ってそれについての動画を作成します。関連性のあるタグはすべて追加しましょう。購読視聴者が多いほど、検索結果の順位を上げるのに有利です。そして視聴時間が長いほどそのビデオは良いと判断されます。

YouTube はエンゲージメント指標(動画視聴直後のコメント、好き嫌い、購読者数などのエンゲージメント)レベルを考慮して動画をランキングしています。

シリーズで動画を作成する

動画をシリーズで作成するのも良い方法です。たとえばスティーブ・ジョブズの「成功のための10のルール」が気に入ったら、それをより深く掘り下げて、あなたが賞賛する他の人たちを紹介する動画を作るのです。シリーズものの動画には、プレイリストに入れることができるという利点があります。動画が終了すると、次の動画が自然に始まるのです。これで視聴時間が伸び、ランキングにも有利になります。

まとめ

YouTube チャネルを拡大するには、質の高いコンテンツ、動画やチャネルの最適化技術、アカウントをより効率的に管理するためのツールが必要です。こうしてより多くのユーザにアプローチし、信頼を深め、トラフィックとエンゲージメントを向上させることができます。ぜひお試しください。

参照元:  Smart Insights
執筆者:  シャヴィット・コハヴ

SNS運用代行なら新大陸

関連記事

  1. メンションに位置情報。Instagram Storiesで製品を…
  2. 博報堂、リアクタージャパンと業務提携で事業のデジタル化を統合的に…
  3. クロールエラーってなに?評価を下げないために把握しておくべき種類…
  4. ソーシャルメディアをもっとクリエイティブに使う方法
  5. ソーシャルメディアを効果的に使うために(3)
  6. TwitterとFacebook、メッセージ機能の新サービス導入…
  7. 機械学習をマーケティングに応用したサービスをリリース
  8. Instagram Storiesを宣伝に活用!幅広いオーディエ…

ピックアップ

ニールセン、大手Eコマースサイトの利用状況を発表

マーケティング調査会社のニールセンが大手オンラインショッピングサイトとオークション/フリマサービスの…

おすすめの記事



PAGE TOP
結果が出るSNS運用代行