デジタルマーケティング

YouTubeが Facebookをしのいで人気度ナンバーワン

米ピュー研究所の「10代のソーシャルメディアとテクノロジー 2018」の調査結果がリリースされました。それによると、現在 YouTube が若者に最も人気のあるソーシャルメディアチャネルとなっています。Small Business Trends が伝えています。

10代に最も人気があるのは YouTube

若い消費者をターゲットとしている企業には、若者にどのプラットフォームが人気があるのかを把握しておくことは極めて重要です。今回の調査では、2014-2015年の前回の調査で一番人気のあったFacebook が4位にとどまり、若者がデジタルエンゲージメントに他の場所を見つけていることが浮き彫りになりました。この調査は今年3~4月に米国の13~17歳の子供を持つ親1,058人と743人の若者を対象に行われました。

10代とソーシャルメディア

YouTubeは前回の調査には含まれていませんでしたが、今回は10代の約85%がこのプラットフォームを使っていると回答しています。これに続くのが Instagram(Facebookの会社)の72%、Snapchat の69%で、51%の Facebookは4位でした。Twitterを好む若者は32%と意外に少なく、Tumblrは9%、Redditは7%でした。

また「最も頻繁に使っているチャネルは何か?」という質問では、日本にはあまりなじみのない Snapchat が35%でトップ、YouTube は32%、Instagram は15%で、Facebookを最も頻繁に使うと答えた若者はわずか10%の4位でした。

スマートフォンの普及は著しく、ティーンエイジャーの95%がスマートフォンを使っています。そしてそれが、彼らがオンラインで過ごす時間を増加させています。調査に参加した若者の45%が、手持ちのスマートフォンからほぼ常にインターネットにアクセスしています。これは3年前の調査時の24%から2倍近く増えています。44%の若者も1日に数回インターネットを使用すると答えており、それほど頻繁に使用していないと答えたのは11%だけでした。

見逃せない YouTubeマーケティング

YouTubeの人気は、スマホとその収益化戦略で、多くの個人に収益性の高いビジネスを生み出しています。自己のチャネルでビジネスを宣伝するためにYouTubeを使ったり、他の誰かに広告を掲載するなど、YouTubeマーケティングにはさまざまな選択肢があります。

参照元:  Small Business Trends
執筆者:  シャヴィット・コハヴ

SNS運用代行なら新大陸

関連記事

  1. 企業が行う社会問題の認知度増加のためのキャンペーン事例
  2. Facebookの動画優先アルゴリズムを利用したキャンペーン
  3. 交通系ICカードとPepperで得たデータをマーケティングへ活か…
  4. 「LINE Creators Market」の審査基準改訂でより…
  5. カウントダウンに実況中継。ライブ配信で生放送のワクワク感を有効活…
  6. データ収集とオンラインプライバシーはどうなる?
  7. 「パーソナライゼーション」と「ターゲティング配信」でメールマーケ…
  8. Twitterが280字入力をテスト中

ピックアップ

モバイルアプリマーケティング「Repro」AI搭載でWEB領域へ

「Repro」はモバイルアプリ国内シェアNo.1ツール。世界59か国5,000 以上のアプリへの導入…

おすすめの記事



PAGE TOP
結果が出るSNS運用代行