デジタルマーケティング

ニッチなソーシャルネットワークが必要なわけ

ソーシャルメディアは今、アイデンティティの危機に直面しています。個人情報流出スキャンダルで Facebook は過去1年間に280万人のユーザを失いました。しかしそれ以前にも消費者がこのようなプラットフォームを敬遠する理由はありました。広告が溢れすぎていたのです。そのためユーザは、今ではニッチなソーシャルメディアプラットフォームに傾倒し始めています。

広告なしの Capsure のようなサイトは、ユーザが本物のつながりを作ることを目的としたプラットフォームを提供していて魅力的です。Capsureでは、写真、オーディオ、ビデオを介して、プライベートな瞬間を家族や友人と共有できます。これが現在のソーシャルメディアの方向性です。つまりソーシャルメディアは、発生時の原点(友人や家族とのネットワーク作り)へ戻って行っているのです。

企業はソーシャルメディアへの取り組みを再考する必要があります。以下は、企業がニッチなネットワークを活用するための方法です。

あり得ないニッチを考える

通常企業は、直接関係するグループのみをターゲットにしようとします。たとえば瞑想アプリを提供している企業なら、瞑想関係のプラットフォームをターゲットにしたいと思うところですが、ヨガ・コミュニティ、武道サイト、薬草治療、心理学サークルなどの関連グループにも注目してみましょう。

このようなグループを見つける最も手早い方法は、「ソーシャルメディア + メディア + ネットワーク [あなたの業界] 向け」というクエリを使ってGoogle 検索することです。

適切な人口統計を持つサイトを探す

効果的な戦略を作るには、視聴者がどこに住んでいるかを知る必要があります。そのようなデータの取得には、いろいろな方法があります。Alexaに助けを求めることもできます。Googleアナリティクスを使って人口統計データを得ることもできますが、このルートを疑わしいと感じる人もいるようです。多くのネットワークの公開サイトに直接アクセスすることもできます。

物語る

ストーリーテリングは昔も今も、最も強力なアート型コミュニケーションツールの一つです。巧みにこの方法を使えば、企業はまちがいなくブランド認識を高めることができます。

KPIを変更する

企業がソーシャルメディアに取り組むとき、フォロワー、お気に入り、共有、クリック、コンバージョンなど通常の指標以外にはほとんど留意していないのではないでしょうか。一旦これらを離れて、企業への忠誠心や口コミの構築により集中しましょう。

クリック数を増やすことよりも、リピート訪問者の数に注目してください。ソーシャルリスニングツールを使えば、投稿したメッセージが共有されているかどうかを確認することができます。数あるコミュニティの中から、情熱あるニッチなネットワークを見つけ出すことが、ビジネスを大きく前進させる一歩になります。

参照元:  Small Business Trends
執筆者:  シャヴィット・コハヴ

 

SNS運用代行なら新大陸

関連記事

  1. 全国のイケアストアでQRコード決済が可能に
  2. ビデオチャットを利用した対面接客サービス「LiveCall」で、…
  3. Facebookの新機能!「ライブ動画」をビジネスに導入する方法…
  4. 没入感の高いFacebookの360度動画コンテンツ3選
  5. 「NaviPlusリタゲメール」にカゴ落ち対策バナー機能を追加へ…
  6. 2018年にデジタルマーケティングはどう変わるか
  7. GoogleChrome愛用者必見!Twitterマーケティング…
  8. インテージがマーケティング支援データの連携活用サービスを開始へ

ピックアップ

ARとVRは今後ますます日常生活の一部に

ARは拡張現実、VRは仮想現実の略です。今ではARもVRも決して珍しい言葉ではなくなりました。ARは…

おすすめの記事

PAGE TOP
結果が出るSNS運用代行