マーケティング全般

IoTが中小企業をよりスマートにする4つの方法

ウェアラブルからセンサーまで、IoT(モノのインターネット)はさまざまな方法で日常生活やビジネスを容易にしています。IoTは、多額の資金を投入する余裕のある大企業だけのものではありません。中小企業が IoT技術を使って日々の業務を改善する方法はたくさんあります。business.com サイトからご紹介しましょう。

1. フリーアシスタント

人手を借りる費用はないが助けが必要な場合には、Googleアシスタントが役立ちます。Alexアレクサや Siriをお使いの方もいるでしょう。これらのデバイスはリマインダ-、タスク管理システムやカレンダーに接続されたとき効力を発揮します。これらが他のデバイスを制御し、スケジューリングやリサーチなどの雑用を取り除き、一日をより生産的にしてくれます。

2. スマートロックと接続されたカメラ

August社のスマートロックシステムは、誰もがどこからでもドアを操作したり制御したりすることができるようにしています。また企業は接続されたカメラを投入して、会社周辺のさまざまな場所でセキュリティ映像を監視することもできます。これらの IoTオプションはフルタイムの警備員の代わりに、周囲の安全を保証してくれます。

3. スペース効率の改善

IoTはオフィススペースを最大化します。センサーが活動や熱を拾って、オフィスで最も多く使用されているエリアを監視し、その情報は管理室や人事担当者に中継され、会議室が使用されなくなったときや、オフィスの再編が必要なときを示します。これにより小規模な組織はスペースを最大限に活用することができます。スマートサーモスタットやスマート照明を組み合わせた IoTベースのオフィスは、生産性と節約を最大化します。

4. スマートな輸送と商品の配送

出荷量の多い企業では、IoTを使うとリアルタイムのトラッキングが可能になります。スマートタグとセンサーの実装で、アクセス権のある人なら誰でも小包の配送を追跡できます。機密情報を送信する中小企業にとってはこれは非常に貴重です。センサーとスマートタグは、アイテムがどの倉庫にあっても、リアルタイムで追跡することができます。これは効率的な在庫管理、在庫追跡とリソースの最大限の使用を意味します。

まとめ

ビジネスインサイダーは、IoTソリューションへの企業支出が 2021年には6兆ドルに達すると報告しています。企業は運用コストを削減し、生産性を向上させ、新しい市場に展開したり、 新製品の提供に IoTを活用しています。

大企業と競争しようとする中小企業にとって、効率は非常に重要です。IoTが顧客サービスやリソース管理などのオフィス業務を自動化し続ける中、中小企業は市場での競争力を維持するために IoTをより活用する必要があります。

参照元:  business.com
執筆者:  シャヴィット・コハヴ

 

SNS運用代行なら新大陸

関連記事

  1. LINEのビジネスコネクトアカウントで有人対応
  2. 会社の取り組みを伝える。B2B企業のInstagramマーケティ…
  3. Googleが消去困難なポップアップ広告を制裁。知っておくべきこ…
  4. ソネットと伊藤忠インタラクティブが、デジタルマーケティング分野で…
  5. 顧客開拓や売上管理、プロセスを自動化するマーケティングオートメー…
  6. LinkedInが変える!見込み顧客開拓への活用のメリット
  7. WEB担当者必見!オンラインキャンパス「schoo」
  8. ソーシャルメディアで顧客に嫌われてしまう企業の運用パターン

ピックアップ

モバイルアプリマーケティング「Repro」AI搭載でWEB領域へ

「Repro」はモバイルアプリ国内シェアNo.1ツール。世界59か国5,000 以上のアプリへの導入…

おすすめの記事



PAGE TOP
結果が出るSNS運用代行