マーケティング全般

IoTのプライバシー侵害への脅威からビジネスを守るには

IoT(モノのインターネット)が社会に浸透するにつれ、プライバシー侵害への脅威が技術専門家やクライアントの大きな懸念となっています。セキュリティ専門家の60%が IoTはランサム攻撃に脆弱であると見ており、97%が IoTデバイスの侵害の影響は致命的だと予期していることが Ponemonインスティテュートの分析でわかりました。たとえば AmazonのEcho などのスマートスピーカーを突破できるハッカーには潜在的に、デバイスに記録された個人データを傍受できる可能性があるということです。IoTのセキュリティの課題に対処するための一般事項を IoT Business News サイトからご紹介しましょう。

1.不要時には接続しない

必要でないときは接続しない-これはIoTへの攻撃からデバイスを安全に保つ最も簡単な方法です。デバイスが IoTに接続できるからといって、必ずしも接続する必要はありません。今では多くのデバイスアプリが、インターネットへの接続なしにローカルで実行できるようになっています。

2.デバイスアクセスを安全にする

デバイスのパスワードが製造元のデフォルトになったままの場合、弱いパスワードを使用している場合、他のデバイスとパスワードを共有している場合に、デバイスが侵害される可能性があります。各デバイスに強力でユニークなパスワードを使うことで、このリスクを軽減できます。指紋や顔認識などの生体認証ツールを使えば、セキュリティをより強化することができます。

3.別々のネットワークを使用する

デバイスごとに別のネットワークを使いましょう。 たとえば多くのWi-Fiルータでは、訪問者がネットワークに接続されたデバイスや共有データにアクセスすることなく、ネットワークに接続できるゲストネットワーキングのオプションが提供されています。セキュリティ上の脆弱性が疑われる場合、別々のネットワークを使用してデバイスを分離することができます。

4.最新アップグレードを維持する

セキュリティへの侵害は、セキュリティパッチで最新の状態を保つことで防止できます。Arnis セキュリティは昨年、Amazon EchoデバイスとGoogle Homeデバイスを Bluetooth 接続だけでハックできる脆弱性を発見しました。AmazonとGoogle は即座に問題を解決するパッチをリリースしました。セキュリティ固有のパッチに加えて、ソフトウェアとファームウェアのすべてのアップグレードを常に最新状態に保ってください。

5.ユーザ管理アクセスによるセキュリティ保護データ

IoTプライバシーのリスクを管理するもう一つの戦略は、UMA(ユーザ管理アクセス)です。 UMAは、従業員やクライアントに、情報にアクセスできるユーザ、アクセス可能な情報、アクセス可能な状況を制御する機能を提供します。これは、特定情報へのアクセスを「知る必要がある」人だけに制限するために使用できます。また顧客が自らのセキュリティーの選択肢を制御できるようにすることで、責任を彼らに与え、ビジネスから遠ざけることができます。

参照元:  IoT Business News
執筆者:  シャヴィット・コハヴ

 

SNS運用代行なら新大陸

関連記事

  1. LIMIAがインスタグラマーの動画広告サービス開始
  2. MA使えてる?企業が導入失敗に陥りやすい理由
  3. 「tenki.jp」にて開始した天気マッチング広告で、ウェブ広告…
  4. Facebookメッセンジャーをリサーチに使うには
  5. 凸版印刷がMAと連動したDM自動発送サービスを開始
  6. ピンタレストがビジュアル機能強化。画像を使ってショッピングを手軽…
  7. Facebook上のマーケティングはエッジランクを意識!ファンの…
  8. 「パーソナライゼーション」と「ターゲティング配信」でメールマーケ…

ピックアップ

ニールセン、大手Eコマースサイトの利用状況を発表

マーケティング調査会社のニールセンが大手オンラインショッピングサイトとオークション/フリマサービスの…

おすすめの記事



PAGE TOP
結果が出るSNS運用代行