デジタルマーケティング

デジタルマーケティングでは、目標設定が肝心

米国 Smart Insights サイトは、経営コンサルタント大前 研一氏の「長期計画立案」という日本の事業計画を紹介し「ビジョンとゴール、KPIと目標の違いを明確にすることは、それらに関連する測定ピラミッドとして重要」だと引用しています。長期的なデジタルマーケティングと改善プロジェクトにも同じことが言えるため、日本の事業計画から学ぼうというわけです。

方向性が間違っていたら、全力でボートを漕いでも助けにならない

デジタルマーケティング戦略では、マーケティングの目標が明確で、パフォーマンスをレビューできるターゲットを持つことが必要です。デジタルマーケティングの利点をチームに伝えるには、幅広い目標とビジョンが役立ちます。

Adestraの最近の報告書では、デジタルマーケティング計画に含めるべき的確な目標を選ぶことの重要性が強調されています。

この調査によると、最も重要な目標は「リードの生成」で、「オンライン販売の収益」がそれに続いています。これらはデジタルマーケティングの主な商業的成果であるため、理にかなっています。その他には、これらの達成をサポートする「トラフィックの増加」と「ユーザエクスペリエンスの向上」が上がっています。

目標は具体的に

何かを達成しようとするとき、具体的な目標を設定することには大きな意味があります。たとえば「コンバージョン経路のスプレッドシートで定義された訪問者数を増やし」たり、「ネットプロモーションスコアを上げる」ことなどです。eコマースでは、新規顧客と既存の顧客からの売上げを分けておくことも必要です。

参照元:  Smart Insights
執筆者:  シャヴィット・コハヴ

SNS運用代行なら新大陸

関連記事

  1. ビデオを使ったストーリーテリングの4原則
  2. オンラインでの購入はモバイルファースト
  3. YouTubeチャネルランキングで704万ユニークビューワーのa…
  4. facebookがモバイルサイトのパフォーマンス改善ソリューショ…
  5. モバイルマーケティングを制するにはInstagramとYahoo…
  6. フェイスブックの新機能「360動画」で、情報だけでなく体験を届け…
  7. 4つの企業から学ぶInstagram Storiesを活用したマ…
  8. フォーサイドメディアとブループリントが事業提携を発表

ピックアップ

老後に2000万円の貯蓄が必要?LINEで受け取れる年金額を試算できるように

老後に2000万円の貯蓄が年金とは別に必要になるというニュースがSNSや世論を騒がせました。ところで…

おすすめの記事

PAGE TOP
結果が出るSNS運用代行