デジタルマーケティング

データ収集とオンラインプライバシーはどうなる?

現在のデータベースのマーケティングは、ユーザが商品購入過程のどこにいるかを把握してリアルタイムでターゲット設定し、パーソナル化した関連性のある広告を消費者へ送ることを可能にしています。

デジタルの利点

企業にとって適切なメッセージを伝えるためには、消費者の意図を理解することが不可欠です。デジタルを使用すると、この過程を追跡することができます。データベースのマーケティングでは、データを使ってコミュニケーションを改善し、マーケティング投資の収益率を上げるために広告を常に変更・最適化することができます。

個人情報使用への懸念

しかし消費者は、収集されているデータの量、格納場所、使用されるデータの量についてますます懸念をつのらせています。Facebookのスキャンダル以降、消費者はどのくらいの個人データがオンラインで保存されているのか、どのような理由でそれにアクセスできるのかを心配しています。

広告ブロッカー使用者への調査結果

以下は Smart Insights サイトが伝える、広告ブロッカー使用者への調査結果です。

この調査では、広告ブロッカー使用者の3割が広告がオンラインプライバシーを害していると感じており、3分の2が企業が個人データをどのように使用しているかを心配しています。さらにモバイルユーザの 66%がクッキーを削除し、オンライン検索をプライベートブラウザへ切り替えています。

参照元:  Smart Insights
執筆者:  シャヴィット・コハヴ

SNS運用代行なら新大陸

関連記事

  1. マーケット担当者が今年感謝すべき事柄
  2. SEO戦略が達成すべき最も重要な目標は何か
  3. Instagramの新ショッピングフォーマット「Checkout…
  4. ピンタレストの試してみたボタンをマーケティングに活用
  5. 2018年のソーシャルメディアに予想されること
  6. データ分析特化型クラウドソーシング「FARO CONSULTIN…
  7. 米誌Forbesが予想する2018年デジタルマーケティングのトレ…
  8. 「AIR TRACK」と「popinfo」の連携で位置情報に基づ…

ピックアップ

老後に2000万円の貯蓄が必要?LINEで受け取れる年金額を試算できるように

老後に2000万円の貯蓄が年金とは別に必要になるというニュースがSNSや世論を騒がせました。ところで…

おすすめの記事

PAGE TOP
結果が出るSNS運用代行