デジタルマーケティング

Googleにランクインするまでにかかる時間

「どうしたらGoogleで自社のウェブサイトを上位にランクインさせることができるのか」は、誰もが知りたいと思っていることの一つでしょう。マーケティング代理店はおそらくこれに、いつも同じ答えを返しているはずです:「すべてを正しく行っても、100%ランキングに入れる保証はないのだ」と。

Googleでの潜在的なランキングの可能性を高めるにはどうしたらいいのか、Smart Insightsサイトが The Website Groupのインフォグラフィックを紹介しています。

どんなページがトップにランクしているか

Googleの検索結果のトップにランキングしているページの年齢はどれくらいでしょうか。現在トップ10にランクインしているページの大半は、3歳以上のページです。1年以内に作成されたページでトップ10に入っているのは、わずか22%のみ。トップ10にランクするページの平均年齢を以下に見てみましょう。

このグラフから分かるように、トップ10にランクインしているページの平均年齢は2歳以上となっています。そして第1位にランクインしているページは、ほぼ3歳に近くなっています。

年齢の高いページがランクインしやすい

以下のグラフからは、1歳未満のページが上位にランクインする確率が低いことがわかります。

さらに1歳未満のページのパフォーマンスを見てみると、

1歳未満のページがトップ10に入る割合は、わずか5.7%。それらの大半が61~182日間(つまり2か月~半年)の間にランクインを果たしています。新しいページのほぼ95%は、1年以内にトップ10に入ることができていません。

これらの5.7%のページは〝ラッキーに″ランクインできたというよりも、既存ドメインのオーソリティー、ハードワーク、SEOの豊かな知識などに裏付けされた結果と思われますので、マーケティング担当者としては研究の余地が大いにあるところです。

参照元:  Smart Insights
執筆者:  シャヴィット・コハヴ

 

SNS運用代行なら新大陸

関連記事

  1. 2018年のコンテンツ流通チャネルのトレンド
  2. 楽天オークションが運営終了へ。ヤフオクの牙城を崩せず。
  3. 人工知能がロゴデザインを行う「Logojoy」
  4. 「たべみるオンデマンド」で食のニーズをとらえたマーケティングが可…
  5. AdobeのAIにメルマガ配信を最適化する機能を開発中?!
  6. 定額制音楽配信サービス「Rakuten Music」、iOSおよ…
  7. 【コラム】オウンドメディア運用における、SEO記事とバズる記事の…
  8. 士業にオススメ!低コストに継続してセールスできる「ウェビナー」

ピックアップ

老後に2000万円の貯蓄が必要?LINEで受け取れる年金額を試算できるように

老後に2000万円の貯蓄が年金とは別に必要になるというニュースがSNSや世論を騒がせました。ところで…

おすすめの記事

PAGE TOP
結果が出るSNS運用代行