マーケティング全般

オムニチャンネルマーケティングが重要性を増している

「オムニチャネル」とは、実店舗やオンラインストアなど、あらゆる販売チャネルや流通チャネルを統合して、どのような販売チャネルからも同じように商品を購入できる環境を実現することです。現在では多くの企業がSNSなど、複数のコミュニケーションチャネルに独自の声を発信しています。そしてオフラインとオンラインを統合した、オムニチャネルに移行したいと考える企業がますます増えています。

オムニチャネルはどれくらい重要か

米国Target Marketingの最新の調査によると、回答者の74%以上が、オムニチャネル経験を持つことは重要であると答えています。この先、消費者がオンラインでアクセスして購入するためのほとんどのデバイスが統合されるようになります。

Googleによると「オンライン購入者の約85%が一つのデバイスで購入を開始し、別のデバイスで購入を完了」しています。オンライン小売業者はこの傾向を利用して、オンラインでの体験をできるだけ統合的で使いやすいものにすることで、マルチチャネルの買い物客をターゲット化することができます。

そのためには eコマース戦略がブランディング、デザイン、メッセージング、支払い方法を一貫して提供し、統合された、シームレスな全チャネル体験を提供できるようにすることが必要です。

オムニチャネルへの移行の課題

オンラインビジネスの成長を追跡することは非常に困難です。成功の秘訣はオフチャネルとオンラインの両方を通じての販売を、戦略的かつ目標を絞ったものにすることです。

マーケティング担当者がオムニチャネル戦略を実施する上での課題には、予算の不足、クロスプラットフォームのデータと顧客の認識の欠如、関連スキルをもった人材不足などがあります。

予算の欠如が最大の挑戦である理由には、現在オムニチャネル戦略が業界内での新たなトレンドであり依然として考慮すべき点があることから、マーケティング担当者がオムニチャネル戦略への移行に必要な技術予算を計上していないことが考えられます。

もう一つの課題は、マーケティング担当者がチームの訓練と開発に十分に投資しておらず、オムチャンネル戦略に十分に対処できていないことです。企業は人材の適切な訓練により投資する必要があると言えそうです。

参照元:  Smart Insights
執筆者:  シャヴィット・コハヴ

 

SNS運用代行なら新大陸

関連記事

  1. マイクロソフトのSNS活用術。ハッシュタグでブログアクセスをアッ…
  2. 機械学習をマーケティングに応用したサービスをリリース
  3. バズるコンテンツとは?ソーシャルメディアを運用する際に知っておく…
  4. AI を導入する前にこれだけは知っておこう
  5. オウンドメディア運用に使える「BiND for WebLiFE*…
  6. ソーシャルメディアに投稿する画像付きコンテンツのアイデア3選
  7. 2つの事例から学ぶフェイスブックを活用したブランディング戦略
  8. 店頭販促ソリューション「LINEチェックイン」がはじまる

ピックアップ

老後に2000万円の貯蓄が必要?LINEで受け取れる年金額を試算できるように

老後に2000万円の貯蓄が年金とは別に必要になるというニュースがSNSや世論を騒がせました。ところで…

おすすめの記事

PAGE TOP
結果が出るSNS運用代行