マーケティング全般

フリーランサーをもっと活用するために企業ができること

ウォールストリート・ジャーナルによると、FedEx、Verizon などの米国大企業では、現在すでに労働力の20〜50%が外注だそうです。この先フリーランスエコノミーがより浸透すると、伝統的な企業の壁は崩壊しそうな勢い。日本がそのような状況になるかどうかはわかりませんが、米国企業向け雑誌 Entrepreneurshipの挙げる、企業がフリーランサーをよりよく活用するためのヒントをご紹介してみましょう。

1. プロジェクトを分割する

プロジェクトのためにフリーランサーを外注しようとするとき、大きなプロジェクト全体を扱えるフリーランサー見つけるのは容易ではありません。プロジェクトを小さな部分に分割すると、各部分に見合ったスキルを持つフリーランサーを比較的に簡単に見つけることができます。

2. バーチャルワークフローを設定する

リモートワークのフリーランサーと働くには、コミュニケーションが何よりも大切です。システムに記録できるメッセージングプラットフォームなど、オープンなコミュニケーションを作り出せる最新技術を使いましょう。

3. フリーランサーの専門知識を活用する

フリーランサーをチームに統合して、彼らの持つ外部の視点を共有し、ビジネスの強化に繋げましょう。

4. 複数のフリーランスマーケットプレイスを使う

企業とフリーランサーのマッチングサイトは現在では数多くあります。一つのプラットフォームですべてのプロジェクトのニーズを満たせる可能性は低いので、複数の異なるマッチングサイトを試してみるとよいでしょう。

参照元:  Entrepreneurship
執筆者:  シャヴィット・コハヴ

 

SNS運用代行なら新大陸

関連記事

  1. 【コラム】編集権を自社が握ると、面白みが無くなりがちなオウンドメ…
  2. TwitterやInstagramで!おすすめのハッシュタグを3…
  3. Facebookライブで投票を促す!いいねを使ったシンプルテクニ…
  4. Facebookがスライドショー広告に新機能を追加
  5. 老舗企業こそコンテンツマーケティング!創設100年以上のGEの戦…
  6. スナップチャットは、Facebook・twitter・LINEの…
  7. Youtubeがモバイルアプリから直接できる「ライブ配信機能」を…
  8. インバウンドマーケティングの進め方!継続して質の高いコンテンツを…

ピックアップ

老後に2000万円の貯蓄が必要?LINEで受け取れる年金額を試算できるように

老後に2000万円の貯蓄が年金とは別に必要になるというニュースがSNSや世論を騒がせました。ところで…

おすすめの記事

PAGE TOP
結果が出るSNS運用代行