マーケティング全般

フリーランサーをもっと活用するために企業ができること

ウォールストリート・ジャーナルによると、FedEx、Verizon などの米国大企業では、現在すでに労働力の20〜50%が外注だそうです。この先フリーランスエコノミーがより浸透すると、伝統的な企業の壁は崩壊しそうな勢い。日本がそのような状況になるかどうかはわかりませんが、米国企業向け雑誌 Entrepreneurshipの挙げる、企業がフリーランサーをよりよく活用するためのヒントをご紹介してみましょう。

1. プロジェクトを分割する

プロジェクトのためにフリーランサーを外注しようとするとき、大きなプロジェクト全体を扱えるフリーランサー見つけるのは容易ではありません。プロジェクトを小さな部分に分割すると、各部分に見合ったスキルを持つフリーランサーを比較的に簡単に見つけることができます。

2. バーチャルワークフローを設定する

リモートワークのフリーランサーと働くには、コミュニケーションが何よりも大切です。システムに記録できるメッセージングプラットフォームなど、オープンなコミュニケーションを作り出せる最新技術を使いましょう。

3. フリーランサーの専門知識を活用する

フリーランサーをチームに統合して、彼らの持つ外部の視点を共有し、ビジネスの強化に繋げましょう。

4. 複数のフリーランスマーケットプレイスを使う

企業とフリーランサーのマッチングサイトは現在では数多くあります。一つのプラットフォームですべてのプロジェクトのニーズを満たせる可能性は低いので、複数の異なるマッチングサイトを試してみるとよいでしょう。

参照元:  Entrepreneurship
執筆者:  シャヴィット・コハヴ

 

SNS運用代行なら新大陸

関連記事

  1. DMARCとは?Gmailなどの方針変更でメールマーケティングに…
  2. マーケターに最も重要なマーケティングチャネル
  3. 会社の取り組みを伝える。B2B企業のInstagramマーケティ…
  4. せっかく作ったのに反響がない、そんなオウンドメディアから脱却する…
  5. 没入感の高いFacebookの360度動画コンテンツ3選
  6. ニッチなソーシャルネットワークが必要なわけ
  7. 【コラム】オウンドメディア運用における、SEO記事とバズる記事の…
  8. ジミーチュウ実践、Instagramで製品をアートのように見せる…

ピックアップ

モバイルアプリマーケティング「Repro」AI搭載でWEB領域へ

「Repro」はモバイルアプリ国内シェアNo.1ツール。世界59か国5,000 以上のアプリへの導入…

おすすめの記事



PAGE TOP
結果が出るSNS運用代行