マーケティング全般

LINEのAIスピーカー「ClovaWAVE」とは

昨今、スマートスピーカーやAIスピーカーと呼ばれるものが世の中に浸透しつつあります。これは、音声対話型のAIアシスタントに対応しており、主にこちらから話しかけることでさまざまなアクションを実行できるといったもの。
インターネット関連企業や家電メーカーなど多くの企業から発売されており、Google Home、Amazon Echo、そしてLINE Clova WAVEなどがあります。今回はその中の「LINE Clova WAVE」についてご紹介します。

「LINE Clova WAVE」で何ができるのか?

数あるAIスピーカーの中でLINEアプリと連携することができるのは、こちらのスピーカーのみ。起動後は話しかけることで天気予報やニュースなどを教えてくれたり、LINEメッセージの送付、そして送られてきたメッセージを読み上げることもできます。

また、LINE MUSICとも連携し、特定の曲や気分に合った曲をAIが選曲し流してくれます。更に、他のAIスピーカーにはない特徴として、赤外線機能を内蔵していることから、赤外線リモコンに対応したテレビやエアコンの操作なども可能です。休日、一日中ベッドの中で生活できてしまう…まさに近未来な道具ですよね。

「LINE Clova Friends」とは

そして、つい最近リリースされた「LINE Clova Friends」にもご注目。ClovaWAVEが音楽再生や赤外線家電操作に強いのに対して、こちらはLINE通話ができるようになったことが大きな特徴です。LINE連携機能を充実させて、家族や子どもとのコミュニケーションを図るツールとしても活躍が期待されます。また、より軽量化され見た目も可愛く安価となったことから若年層への普及も見込めます。

「LINE Clova WAVE」の未来

生活の中の便利グッズとして上記の機能を有するLINE Clova WAVEですが、2017年6月にはTOYOTAとの協業を発表しており、TOYOTAのスマートフォンアプリと連携することでクルマに乗りながら音声のみでLINEを操作できる仕組みを開発中です。

これは運転時のスマートフォン操作をなくし、事故に繋がるリスク減少を目的とするもの。近い未来、LINE Clova WAVEによる運転環境サポートがはじまりそうです。また、クルマに限らず、様々なモノとの連携により世の中の生活環境をガラッと変える日ももうすぐそこまで来ているかもしれません。

参照:LINE Clova WAVE

SNS運用代行なら新大陸

関連記事

  1. eコマースサイトを作る時の5つの鍵
  2. まるでショーウィンドウ?ピンタレストのトップに製品をディスプレイ…
  3. 反響を取れる広告やSNSコンテンツの肝は「素人感」
  4. オラクルにインテル。大企業に学ぶソーシャルメディア活用事例
  5. 検索クエリがSEO対策で絶対に必要なワケ
  6. LINEでキャンペーンが完結するトーク型パッケージを提供開始
  7. IoTのプライバシー侵害への脅威からビジネスを守るには
  8. TwitterがTVチャンネル化しつつある

ピックアップ

ニールセン、大手Eコマースサイトの利用状況を発表

マーケティング調査会社のニールセンが大手オンラインショッピングサイトとオークション/フリマサービスの…

おすすめの記事



PAGE TOP
結果が出るSNS運用代行