マーケティング全般

LINEスタンプを活用したキャラクタービジネス

最近はスタンプのみで会話をするという若者もいるほど種類豊富なLINEスタンプ。LINE=スタンプというイメージをお持ちの方もいらっしゃると思います。そこで本日は企業から無料で提供されているスタンプを活用した、キャラクタービジネスについてご紹介します。

LINEスタンプから生まれた企業キャラクター

まずはみなさんご存知、楽天の事例から。楽天のCMなどで出てくる「お買い物パンダ」をご存知でしょうか。今や楽天カードにもデザインされるほどユーザーに人気のキャラクター。その人気ぶりは、所有スタンプランキングの20代部門で1位に輝いた実績からも伺い知れます。

しかしこのキャラクター、実はLINEスタンプ用に作られたキャラクターなのです。ちなみにこのLINEスタンプは300万DL以上を記録。ユーザー間で使用されることからキャラクターの認知は急速に広がっていきました。さらに「お買い物パンダ」はオリジナルグッズまで派生。LINEスタンプを活用したキャラクタービジネスのモデルとなりました。

キャラクターから企業を知る

DHCのタマ川ヨシ子をはじめLINEスタンプを通じてその企業を知るという消費行動も最近は増えている様子。三井住友銀行ではキャラクターをフックに来店に繋げるプレゼントキャンペーンを行うなど活用の幅も広がっています。

近年、ゆるキャラグランプリでも「企業・その他」という部門が設けられており、キャラクターという新しい角度でユーザーへの訴求が可能になりました。これらの施策には戦略やクリエイティビティーが必要になりますが、自社キャラクターを設けて認知拡大やブランディングを目指すというのも企業にとって一つの選択肢ですね。

参照:お買い物パンダ オフィシャルサイト

SNS運用代行なら新大陸

関連記事

  1. IoTが中小企業をよりスマートにする4つの方法
  2. イベントの臨場感をライブ配信!CESのFacebookライブ活用…
  3. 全国のイケアストアでQRコード決済が可能に
  4. マーケティングに活用すべき!レビューの効果と事例
  5. プルークスとPLAN-Bが業務提携、動画マーケティングニーズに対…
  6. マーケティングの達人が「ブランパン」でやった仕事とは?
  7. TeamViewer、PTC の ThingWorx に統合され…
  8. 「Googleしごと検索」の最適化サービスをフルスピードが開始

ピックアップ

老後に2000万円の貯蓄が必要?LINEで受け取れる年金額を試算できるように

老後に2000万円の貯蓄が年金とは別に必要になるというニュースがSNSや世論を騒がせました。ところで…

おすすめの記事

PAGE TOP
結果が出るSNS運用代行