マーケティング全般

LINEのダイレクトレスポンス広告

LINEといえばメッセージアプリですが、近年企業の注目を集めているのがLINEの広告。そこで今回は数かるLINE広告の中から、もっとも人気が高いとされている「LAP」について紹介してみたいと思います。

直接問い合わせが見込めるダイレクト型のLINE広告

2016年にリリースされた「LINE Ads Platform(LAP)」はマスリーチだけでなくダイレクトレスポンスを見込める広告。対象者を詳細に設定した上での広告配信に加え、出稿期間、料金を任意で設定、変更が可能。自社の予算に合わせて出稿できるため最近は中小企業の広告出稿も増えているようです。

独自にセグメントされた属性

LINEの広告はLAP以外のほとんどのメニューがALL配信という不特定多数に向けてのものでしたが、LAPではLINE社が独自で取得している属性情報を元に、年齢、性別、居住地、OS、興味関心などに分けた配信が可能に。LINE広告の中でも「今すぐ客」を見つけやすいという特徴があります。

アプリ、コスメ、健康食品系に人気

LAPの売上の大半を占めている業種はゲームアプリ系、通販コスメ、健康食品などのダイレクトレスポンスを目指す企業となっているため中小企業が中心のようですが、まだまだ参入企業は少ない様子。リスティング広告には限界を感じている中、ダイレクトで反応を得られる広告を探しているという方はLINE Ads Platform(LAP)をチェックしてみてはいかがでしょうか?

まとめ

チラシや単価が高騰しているリスティング広告よりも、LINEという新しい切り口での広告はダイレクト型に力を入れている企業であればマッチ度は高いかもしれません。興味のある方は「LINE Ads Platform(LAP)」をチェックしてみてはいかがでしょうか?

参考URL:LINE Ads Platform 公式ブログ

SNS運用代行なら新大陸

関連記事

  1. インターネット広告で存在感を増すFacebook。新たな流れで更…
  2. 東急ハンズのTwitter、人気を支える地道な努力
  3. YouTubeが Facebookをしのいで人気度ナンバーワン
  4. 「文章力を鍛えるWebライティングのネタ出しノート」が相当使える…
  5. 米国の若者たちがFacebookを離れつつある!
  6. ソーシャルメディアマーケティングで絵文字を使うには?ポイントと注…
  7. キャッシュレス化の波に対応しなければならない小売店
  8. ソーシャルメディアを効果的に使うために(2)

ピックアップ

老後に2000万円の貯蓄が必要?LINEで受け取れる年金額を試算できるように

老後に2000万円の貯蓄が年金とは別に必要になるというニュースがSNSや世論を騒がせました。ところで…

おすすめの記事

PAGE TOP
結果が出るSNS運用代行