WEBマーケティング

2018年世界ソーシャルメディア調査の要約

米国Smart Insights サイトは、米国におけるソーシャルメディアチャネルの普及に関する統計を逐次掲載しています。以下の多くは2017年第4四半期の統計をもとにしたものです。

ユーザはどのように企業と交流しているか

ソーシャルメディア上の行動は、企業の性格を反映します。ソーシャルメディアは、顧客がリアルタイムで回答を求めている顧客サービスプラットフォームとしてますます使用されています。

世界の地域別インターネットの浸透率

多少意外に聞こえるかもしれませんが、日本の総人口に対するインターネット使用者の割合が57%なのに対して、欧州や北米ではインターネットの浸透率が74%〜94%と世界で最も高くなっています。

ソーシャルメディアユーザの増加率

2017年1月以降のソーシャルメディア利用の世界的な増加率は13%でした。増加率はサウジアラビアが世界で最も高く、前年比で世界平均に比べて17%増加しています。ソーシャルメディア利用の増加率が高い国には、インド、インドネシア、ガーナなどがあり、技術の向上に伴ってソーシャルメディアへのアクセスが容易になっているのがわかります。U.A.E、韓国、英国は増加率が最も低く5%未満となっています。ちなみに日本の増加率は11%です。

参照元:  Smart Insights
執筆者:  シャヴィット・コハヴ

 

SNS運用代行なら新大陸

関連記事

  1. 企業のマーケティング担当はFacebookをどれくらいの時間閲覧…
  2. タイトな予算で効果的なコンテンツを作り出す方法
  3. 野村證券が店舗受付に人工知能ロボットを導入
  4. 2つの事例から学ぶフェイスブックを活用したブランディング戦略
  5. ドン・キホーテが顧客満足度向上を目的として、ツイッターやSNSの…
  6. 「インスタグラムの広告はどんな感じ?」タイプ別に特徴を紹介!
  7. 反響を取れる広告やSNSコンテンツの肝は「素人感」
  8. 10代女性の3割が、インスタグラムを情報検索手段として活用してい…

ピックアップ

ニールセン、大手Eコマースサイトの利用状況を発表

マーケティング調査会社のニールセンが大手オンラインショッピングサイトとオークション/フリマサービスの…

おすすめの記事



PAGE TOP
結果が出るSNS運用代行