デジタルマーケティング

年末にリリースされたFacebookアルゴリズムのアップデート

Social Media Today サイトは、昨年12月にリリースされた Facebook アルゴリズムのアップデートを紹介しています。これらは Facebookをビジネスに最大限に活用しようとするマーケターにとって特に重要なものですので、ご注目ください。

エンゲージメント釣り投稿は評価されない

この変更は、エンゲージメントを得るためにスパム戦術を使うユーザとページの両方に影響します。「このような場合シェアする」、「友人と共有する」のようなタイプの投稿は、ニュースフィードアルゴリズムの更新の一部として、評価されなくなり、表示されることが少なくなります。Facebookはこのような投稿を検出できるマシン学習モデルを作成しています。

釣り投稿の例

これらの投稿例には以下のようなものがあります:友人にタグ付けするよう人に頼むもの。単語、数字、フレーズ、絵文字など、特定の回答でコメントするよう頼むもの。反応、コメント、共有などの手段を使って投票するよう求めるもの。投稿に「いいね!」、「超いいね!」、「うけるね」、「すごいね」、「悲しいね」、「ひどいね」で反応するよう求めるもの。友だちと投稿を共有するよう人に依頼するもの。

Facebookはアルゴリズムの更新で 、貧しいウェブ経験を避ける手助けをしたいと考えています。Facebookからリンクされた何十万もの異なるページを見直し、ウェブページに低価値やスパムのあるコンテンツがあることを示す一般的な特性リストを、Facebookは作成しています。

まとめ

マーケティング担当者にとってこれらの更新はたしかに苦痛になることはありますが、素晴らしいユーザ経験を絶え間なく提供しようとするFacebookの姿勢には拍手を送るべきでしょう。ソーシャルメディア管理者は、Facebookのさまざまなアップデートを常に確認することが大切です。

参照元:  Social Media Today
執筆者:  シャヴィット・コハヴ

 

 

SNS運用代行なら新大陸

関連記事

  1. 15年以上続くビジネス情報番組、AreaDを活用した発信力強化へ…
  2. ドミノ・ピザのLINEビジネスコネクト活用事例
  3. ECサイトでも接客力の差が売上げを左右する
  4. データ分析特化型クラウドソーシング「FARO CONSULTIN…
  5. 地域密着型ビジネスのソーシャルメディアマーケティング
  6. 固いイメージを払拭。コンサルティング企業のマーケティングテクとは…
  7. ニーズのある顧客を発掘する「ListFinder」
  8. Google、マーケティングに活用可能な「オプティマイズ」と「S…

ピックアップ

ニールセン、大手Eコマースサイトの利用状況を発表

マーケティング調査会社のニールセンが大手オンラインショッピングサイトとオークション/フリマサービスの…

おすすめの記事



PAGE TOP
結果が出るSNS運用代行