デジタルマーケティング

365日対応!訪日外国人向けに人工知能のチャットコンシェルジュ導入

株式会社ビースポークは、2018年1月9日より、訪日外国人向けAIチャットコンシェルジュ「Bebot」のサービス提供を、タイムズモビリティネットワークス株式会社のタイムズカーレンタル羽田店と成田空港店で開始しました。

Bebotは、365日いつでも訪日外国人の質問やリクエストにリアルタイムで多言語対応することができるチャットボットです。
飲食店の予約も宿泊者自身で簡単に行え、利用施設の要望に合わせたカスタマイズも可能です。訪日外国人ユーザーへ利用施設のレビュー投稿をBebotチャット内で依頼することも可能です。

今回はタイムズモビリティネットワークスのレンタカーサービス「タイムズ カー レンタル」へ、英語に加えて、中国語でも対応するAIコンシェルジュサービスの提供を開始することとなりました。今後は、全国の店舗へ展開することを予定しています。

Bebot導入によるメリットとしては以下があります。
・言語が通じないことで発生する意見の激減
・チャットで宿泊者自身が飲食店予約を行うことによる無断キャンセルの回避
・単純な問い合わせ対応自動化による、フロント業務の軽減
・チャットによる店舗外での手厚いサポート
・施設単位のカスタマイズにより、利用客の細かいニーズへの対応

海外旅行客にとって、言語の違いは大きな障壁となりますが、Bebotはその障壁を超えることができるツールとなり得ることでしょう。これから2020年の東京オリンピックに向けて、海外から日本に来る人は確実に増えていくことが予想されます。ニーズも大きくなっていきます。

執筆者:マーケティングワールド編集部
参照元:人工知能コンシェルジュで ゲストの満足度を向上

SNS運用代行なら新大陸

関連記事

  1. Twitter4,000万人突破!2016年現在のSNS事情とは…
  2. 個々のユーザーにメール配信時間を最適化!アクティブコア
  3. データフィード最適化サービス「Marketia Feed Man…
  4. 2つの事例から学ぶフェイスブックを活用したブランディング戦略
  5. 【事例】「やずや」から学ぶ中小企業が成功するためのDRM
  6. モバイルマーケティングへの投資を考える前に
  7. 固いイメージを払拭。コンサルティング企業のマーケティングテクとは…
  8. Instagramがライブ配信と消えるコンテンツ、2つの新機能を…

ピックアップ

モバイルアプリマーケティング「Repro」AI搭載でWEB領域へ

「Repro」はモバイルアプリ国内シェアNo.1ツール。世界59か国5,000 以上のアプリへの導入…

おすすめの記事



PAGE TOP
結果が出るSNS運用代行